続・純喫茶外観コレクション

  • 2016.12.31 Saturday
  • 10:04

 

いまトピ連載第三回「かわいい外観の喫茶店」をアップしました。

 

レモン糖の日々では以前にも「外観喫茶〜純喫茶外観コレクション〜」としてアップしたことがありますが、その第二弾です。

 

こちらでは第三弾としておまけを掲載します。

 

 

喫茶くま

 

こんな絵本の表紙のような喫茶店に出会ったら、ページをひらきたくなってしまいます。

実は数年前に出会ってそれから5回訪れましたがフラれ続け、5回目に近所の方に営業時間を教えてもらい、

残念ながら6回目にして閉店を確認。

朝の9時半に営業を終了するというご近所さんのための喫茶店だったのです。自宅から車で2時間近くかかるので、

ついに入店を叶えることができずに悔やまれます。

 

 

くま くま

 

レモンレモン糖度 97

 

 

シャンテリー

 

顔みたいな喫茶店。閉店されていてとっても残念。

 

外観

 

レモンレモン糖度 94

 

 

マンデリン

 

住宅街でひときわ目を引きました。

 

外観

 

レモンレモン糖度 88

 

 

ひまわり

 

モーニングの時間は大賑わい。外観からもぱあっと元気をもらえます。

 

ひまわり

 

レモンレモン糖度 80

 

 

「憩」という名前の喫茶店には名店が多い気がします。

残念ながら閉店されています。

 

いこい

 

レモンレモン糖度 96

 

 

 

【看板編】

 

チルチルミチル

 

こぢんまりとした店内はランチを待つお客さんでいっぱい。

お忙しそうで店名の由来を聞きそびれましたが、愛らしいことこの上ない。

 

外観 外観 外観

 

レモンレモン糖度 95

 

 

こんぺい塔

 

名前もかわいいし、80’sなセンスがいい。

マッチもかわいい〜。

 

外観 外観

 

レモンレモン糖度 90

 

 

マッチもかわいい喫茶街角

  • 2016.12.24 Saturday
  • 17:15

地図で見つけた時には、名前を見て、訪れたいと思った。

もしかしたらもう営業していなくても、たたずまいだけでも拝みたいな。

そんな気持ちで訪れてみると、駐車場もあり、営業中を示す赤いランプが灯っていた。

 

街角 街角

 

店先に停められた自転車の数などから、店内の賑わいをちょっと想像する。

扉を開くと、左手壁側の席は満席。入ってすぐの窓際の特等席が空いていたのでおじゃまさせていただいた。

 

笑顔の素敵な店主と店員さんとお客さまたちに歓迎され、想像以上に活気のある店内に少し戸惑いつつも、

あたたかい気持ちに包まれた。

 

マッチの有無を尋ねると、奥から探してきてくださった。それがものすごくかわいくて。

もう在庫はほとんどないから、ということを明記してなら紹介しても良い、とおっしゃってくださったので、

ここに記させていただく。

 

とある街角の喫茶街角のマッチがかわいいんです、と。

 

街角 街角

 

 

レモンレモン糖度 99

 

 

 

 

 

バンビでスウィーティ

  • 2016.12.08 Thursday
  • 12:48

包装紙パトロールにでかけた。

「フルーツパーラーバンビ」へ。

バンビ

「フルーツパーラー」という言葉の響きだけでもそそられるのに、「バンビ」ときたら潜入しないではいられない。

フルーツとバンビのイラストが描かれた包装紙があるのでは?という期待儚く、、。

何かオリジナルのしるしはないかなあ・・?尋ねると、シールがオリジナル。

そんなわけでスウィーティをひとつ購入することに。

そしたら!レトロな紙袋に入れてもらえた!

お店が近くだったら友達への手土産にしたいくらいかわいいー。

バンビ バンビ

レモンレモン糖度 78

レモン糖の日々「とってお喫茶」連載決定のお知らせ

  • 2016.12.02 Friday
  • 18:26

 

私的重大発表です。

 

 

12月3日(土)11時〜

 

gooサイト「いまトピ」にて爛譽皀鹽の日々【とってお喫茶】連載全10回”が始まります。

 

 

隔週土曜日11時に更新されるので、ぜひのぞいてみてください。

 

 

そして、ツイッターやフェイスブックなどで拡散していただけると、私も私にこの機会をくれた方も喜びます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

こちらから行けると思います→ いまトピ「レモン糖の日々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レモン糖の日々の宝物

  • 2016.11.21 Monday
  • 22:58

インスタグラムで「#レモン糖の日々の宝物」のハッシュタグを覗くと、

文字通りレモン糖の日々の宝物を見られるようにしました。

 

まずは「#レモン糖の良平センセイ」として柳原良平先生のコレクションをアップしています。時間のある時にちょこちょこと。

 

高価なものは買わないので、お小遣いで買えるものを何年もかけて、これからも。だから終わりはないのだけど。。

 

「レモン糖の日々」を好きな人だけフォローしてくださるとうれしいです。

 

@lemonsugar174 です。

伊勢志摩みやげ

  • 2016.11.11 Friday
  • 17:05

 

状態がもっと良ければ買うんだけどな・・・というたくさんのお土産こけしや

イミテーションパール製品を断念した中から選ばれた1つ。

胸元のピンク色のパールの色が剥げてしまっているけど、薔薇との組み合わせも愛らしくてお気に入り。

 

おみやげ

レモンレモン糖度90

(二見浦)

 

こういうタイプ(本物の貝や造花を樹脂などに閉じ込めたタイプ)のお土産を欲していたんだよ。

 

おみやげ

レモンレモン糖度85

(二見浦)

 

状態は悪いけど、定番。

 

おみやげ

レモンレモン糖度70

(二見浦)

 

東洋一の先代が作られたというオリジナルしおり。

 

おみやげ

レモンレモン糖度70

(大王岬)

 

ちっちゃなコ(シジミが土台だからね)

 

おみやげ 

レモンレモン糖度75

(二見浦)

 

見切り品のかごの中から救出。こんな感じのワン君ワンちゃんたちがぽつりぽつりと集まっている。

 

おみやげ 犬

レモンレモン糖度80

(賢島駅)

 

一粒パールがかわいいおせんべい。(注:このお菓子の包装紙ではありません)

 

おみやげ

レモンレモン糖度90

(賢島駅)

 

包装紙のために購入した小さな貝。

 

おみやげ

(大王岬)

 

伊勢志摩サミットセール品。愛らしい。

 

おみやげ

(二見浦)

 

ほかに、友人に猫とパールがかわいいブローチなども購入。

またふたたび訪れたい場所だよ。

続きを読む >>

喫茶レモン

  • 2016.10.10 Monday
  • 11:55

全国の喫茶レモンに行きたいと思っている。ひそかに、ずっと前から。。

私の初めての喫茶レモン体験は子どもの頃にさかのぼる。

父の友人が豊田市で「レモンドール」という名前の喫茶店をされていた。時々家族で訪れたのだが、

私はいつも決まってグラタンを注文。

グラタンは作るのに時間がかかるから、ただでさえ食べるのが家族で一番遅い私は

「レモン糖ちゃんの注文するのっていっつも一番最後にくるよね。。」と毎回言われながら食べたのが思い出される。

 

その次は東京にある「喫茶レモン」。おそらく全国の喫茶レモンの中で一番有名なお店なのではないだろうか?

マッチもかわいいし、お店もかわいいし、メニューも美味しいし、ママさんもかわいくて、とにかく完璧な喫茶レモン。

こんな風にブログを始めるうんと前に訪れたし、元来小心者の私は今までもいろいろな喫茶レモンに訪れながら

写真がほとんど残っていないので、またもう一度訪れないとだめだなあと思っている・・・

 

記念すべき「喫茶レモン」カテゴリーでひとつめに記録したいのは京都で出会った「コーヒーテラスれもん」

事前に営業時間を確認する電話をしたら、とっても感じよくて訪れるのが楽しみに。

 

 レモン

 

 

扉を開けるとすぐに手すりの模様がかわいいらせん階段。らせん階段が店内にある喫茶店はそんなに多くない。

運ぶのは大変かもしれないけど、運ばれてくるのを待つ側のワクワクは、普通の階段の2倍くらい増えるような気がする。

 

上からのぞいたら偶然素敵な写真が撮れた。運ばれてくるのうれしいな。

 

レモン

 

モーニングセットCを注文。

 

レモン

 

壁にはレモンの絵。メニューもレモン色。

 

レモンレモン

 

レモン 

 

マッチのLEMONのOがレモンレモンの形。

 

レモン レモン

 

テントもレモン色。

 

レモン

 

レモン色ってかわいいな。

 

レモンレモン糖度 80

 

京都市東山区泉涌寺雀ケ森町7−6

 

「とってお喫茶」のカテゴリーは、訪れた中でもレモン糖度の高かったところしか掲載していないけれど、

「喫茶レモン」のカテゴリーはとにかく喫茶レモンならばすべて記録していきたいなあと思っている。

とはいえ、なかなか外出が思うようにできないでいるので、のーんびりいきたい。

2016年10月10日

額装したいほど美しい包装紙

  • 2016.09.26 Monday
  • 10:19

 

きっかけは妹からもらったお土産。

「お姉ちゃんてこういうの好きなんでしょ?私には全然わからないけど」

と手渡された包装紙のデザインに、素敵みやげの予感がした。袋の中から出てきたのは貝プードル(貝細工の犬)!

貝でできた愛らしいお土産をぽつりぽつりと集めているけど、そんな中でもダントツにかわいいプードルだった。

貝プードルのかわいさもさることながら、その包まれた包装紙のデザインも最高。

これはこのお店のラインナップが気になるな・・ぜひ行ってみたい!と思ったところ、運よくそちらの方へ行く用事ができた。

 

 

東洋一   東洋一

 

向かったのは三重県は伊勢志摩国立公園大王岬灯台前。

「海女専用駐車場」の看板を見つけ、本物の海女さんがいらっしゃるんだ!とちょっとときめく。

近くを歩く女性がみんな海女さんに見えてきた。

 

駐車場の目の前にある伊光真珠店の店構えが素敵。

友人への誕生日プレゼントを購入すると、入れてくれた袋のデザインがいい。

そこで、お小遣いが限られている私はなんとか一番少ない金額で袋に入れてもらうことができないか、店内を眺めた。

するとショーケースに並んだ小粒な貝を見つけ、ひとつ数百円と手に取りやすい価格。

貝好きで包装紙好きの友人の分も含めていくつか買い物をした。

 

東洋一 東洋一

 

背面の薄墨色のドットはパールを連想させるし、アコヤガイとともにデザインされたIKOマークもグッとくる。

 

東洋一

 

お目当てのお店「東洋一」へ向かう道中は細い坂道。くねくねと急な坂道には乾物屋さんや真珠店がいくつか並ぶ。

全盛期を過ぎたどこか寂しげな雰囲気が私にはたまらない。猫たちが遊びまわっているのも一層愛おしい。

 

東洋一 東洋一

 

東洋一 東洋一

 

わらじ祭りとだいだらぼっちの看板を過ぎると、東洋一のショーケースが見えてきた。

思わず駆け寄って眺める。そこに並ぶお土産の中で貝プードルが一番かわいかった。

50年前に先代が作ったという東洋一オリジナルしおりをおまけにつけていただいてうれしい。

東洋一の看板がまたたまらなく好みだった。

 

東洋一

 

東洋一

 

東洋一

 

包装紙の全貌。東洋一の住所などが書かれたところがアコヤガイというところと配色が好み。

 

東洋一 東洋一

 

大王岬のお土産物屋さんエリアはこぢんまりとしていて、あっという間に1周できてしまった。

どの真珠店も天井や照明など、すごく素敵で、一軒一軒の魅力を紹介した冊子を作ってみたいと思ったほど。

そしてこの日は運よく「わらじ祭り」の日。1年に一度のお祭りに遭遇するなんてなんだかついてる。

 

東洋一 東洋一

 

せっかくなので賢島駅周辺にも足をのばした。そこで、思いがけず素敵な包装紙と出会ったのだ。

それは、「レトロ」「エレガント」「ノスタルジー」私の好きなツボがぎゅっと詰まったデザインだった。

この包装紙をいただくために、またお小遣いと相談しながら、より買ってうれしいモノをと悩んだ。

谷口真珠店は貝を購入すると箱に入れてくださるとのことでこちらでもまた貝を買い求めた。

 

額装したいほど素敵。

パールがかって光沢のあるゴールドとシルバー。リアルなようで漫画チックなアコヤガイと水玉(真珠)。

甘さを感じないのに乙女心をわしづかみにされるのはなぜだろう。

真珠製品の包装紙って素敵なものが多いんだな。今回の旅でアコヤガイの存在が私の中でさらに大きくなった。

 

東洋一 東洋一

 

足元にもアコヤガイと真珠。

 

東洋一

 

すっかり海辺の観光地土産と包装紙に魅了された私は、思い付きで夫婦岩(二見浦)にも寄ってみた。

気になるお店が3軒並んでいたのだが、1軒は営業時間外で残念だった。そんな中、百木物産(包装紙は百々木物産表記)の包装紙も良かった。

 

東洋一 東洋一

 

ところで、肝心の購入したものは次回に綴りたい。

 

 

レモンレモン糖度 90

ファンシーゼリーつやま屋のマーブルゼリー

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 22:21

島根県のとある駅前(駅名を失念)のおみやげもの屋さんで出会った。





北九州





そのカラーリングに一目惚れ。小さい頃から紫とピンク、さらに水色とピンク、紫と水色という組み合わせにキュンとくる。



それはたぶんサンリオや魔法の使える魔女っ子たちやファンシー小物の影響だと容易に推測できるのだが。





各袋に白色で「マーブルゼリー」と書かれた様もかわいらしい。味も美味しく素材にもこだわっているみたい。





それで気になって「つやま屋」さんのHPを見てみると、



ぷるり・シリーズ」「ふぁふぁ・シリーズ」というそそられるシリーズ名が!





そこには美味しそうでかわいらしいゼリーたちがいくつも。



「花つみゼリー」「彩ころ果実」「ぷるり・黒ごまくるみ」「ふぁふぁ・フルーツポンチ」「珈琲・ふぁふぁ」「花あわ雪」



ようかん巻お供えのお菓子も気になる。





ちょっとお取り寄せしてみようかな。







レモンレモン糖度 90









マーブルゼリーサイト用140308.jpg


喫茶カヌー

  • 2016.07.08 Friday
  • 23:00
旅の最後を飾るのにふさわしい喫茶店に出会った。 赤青黄色の三色の丸い照明をセットで2カ所に配しているセンス。
白とワインレッドがベースの店内をとてもポップにしていた。
カウンター中の三つ並んだ窓もかわいいし、コーヒーチケットが貼られた棚の丸も洒落ている。
 
もう何十年もこのまま営業している・・などいろいろお話してくださったが肝心の年数を忘れてしまった。
どうしてカヌーという名前にされたのか、
伺えばよかった。

テレビからは「トットテレビ」の番宣が流れていて、あ、このドラマ楽しみにしていたんだわ、とか思いながら
トマトジュースを飲んで、長かった旅ももう終わるんだわーなんて一息ついた。
最後にアイスをいただいて、楽しい旅のしめくくりができた。
 
またね、喫茶カヌー。
 
北九州   北九州 
 
レモン レモン糖度 84
 

 
滋賀県守山市今浜町2621  

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM