ジャケ買い〜レコード編〜

  • 2012.03.08 Thursday
  • 21:32
カテゴリーは「音の楽しみ」ですが、先日のジュリーのネコード同様、ジャケットにしか触れません(笑)しかも、軽く。


敬愛する良平先生のイラストのジャケットに、一目ぼれ。

レコード

海の詩/いずみたくとマリーンオーケストラ 大阪商船三井船舶の100周年記念レコード、非売品

レモン糖度 90



尊敬する宮城まり子さん監督、ねむの木学園の映画「虹をかける子どもたち」のサントラ
いとうあきひろさんの絵に惹かれて。

レコード3

レモン糖度 100



4枚目のオリジナルアルバムで、回転数を間違えたんじゃないか?と一瞬不安になるような美声。
タイトル通りひろみの朝から始まり夜で終わる内容で、楽しい。名曲ぞろい。
堀切菖蒲園前駅のスナック「朝・昼・晩」のマッチとともに。

レコード4 朝昼晩

ひろみの朝・昼・晩/郷ひろみ 

レモン糖度 88



このジャケットを見て、しかもたったの1000円だったら買ってしまうよ、ね!?
たとえ荒木一郎ファンとまではいえない私でも・・・「悪魔のようなあいつ」でやばい彼を見てから気になる存在です(笑)

レコード2

君に捧げるほろ苦いブルース/荒木一郎

レモン糖度85




カヒミ・カリィのシングル「グッドモーニングワールド」のジャケットを私は思わず思い出し、大好きな一徳さんだし、
中を見たらとんでもない仕様だったので、購入。

ジャケ買い

等身大とまではいかないけれど、限りなく等身大に近い寝そべる岸部兄弟のポスター付き!引きで撮れないので、
分割で掲載。

ジャケ買い2

ジャケ買い3

二人のポスターの裏は、遊び心あふれるコラージュ。

ジャケ買い4  ジャケ買い5

このアルバムだけ、例外として内容にも少しだけ触れると・・・

1曲目の「自由の哲学 山上路夫作詞/クニ河内作編曲」は浪曲風の曲に乗せて二人の掛け合いから始まる。。
私にはなぜかシローの言葉ばかりが耳に残るw
昼寝ばっかりして暮らせる方法はないかな?」「ナマケモノのようにもっと人間も自由に自然に生きるべき
坊さんは自由でいいなあ」e.t.c.

大好きだった実写版「西遊記」の沙 悟浄って、あれ地だったのね!?といまさらながら再認識。






サリーの「まあシローはシローらしく生きろよ」の言葉が今となってはなんか感慨深いです。。

この曲は11分55秒(オザケンの天気読みにはおよばず!)もあって、曲の合間に二人の掛け合い、そして曲の調子も
コロコロ変わって、面白い。思わず家にあった「MONDO MUSIC」の本に紹介されていないか探してしまいました
(載っていませんでした)

でもね、シローの声ってジュリーの声並に甘いの!!

A面が4曲でB面が10曲という、アンバランスさ。驚くことにこの迷盤、2回もCD化されているそう。
それは3曲目の「YS−11 小林勝彦作編曲 (インストゥルメンタル)」の評価が高いからみたい。

ムッシュかまやつの「どうにかなるさ」のカバーの後に「自由の哲学・エンディング」で「人生はそんなに悪いものじゃない
この世はそんなに悪いものじゃない
」とデュエットでしめています。

トラ 70619/サリー&シロー(岸部一徳&岸部四郎)

レモン糖度 100
 

友紀ちゃんと一緒に世界旅行

  • 2012.02.03 Friday
  • 17:34
私の5大アイドル (2012年2月現在)
1小林星蘭ちゃん 
2市川実日子ちゃん 
岡崎友紀ちゃん 
4シャルロット・ゲンズブール 
5カヒミ・カリィ

の一人、岡崎友紀ちゃんの5枚目のアルバム。私は友紀ちゃんのアルバムの中でこのアルバムが一番好き!
でも、本当の友紀ちゃんファンからしたら、このアルバムはカバーアルバムなので、1番にもってくるのはちがうんじゃないの?って怒られてしまうかも?でもね、すごい素敵なコンセプトアルバムなのです!!!

それが、「ALBUM5 A WORLD TOUR OF SONGS/Yuki Okazaki


岡崎友紀

プライベートでも旅行好きな友紀ちゃんが、大好きなスヌーピーと一緒に世界中を旅して周り、訪ねた国の歌を歌うという、
友紀ちゃんと一緒に世界旅行をしているような気分になれるアルバムなのです。

岡崎友紀2

しかも友紀ちゃんのナレーション付き!

A面 バリ(バリハイ)→アフリカ(ライオンの昼寝)→イタリア(アリベデルチ・ローマ)→イスラエル(サンライズ・サンセット)→
フランス(オー・シャンゼリゼ、幸福を売る男、パリの屋根の下)→

B面 イギリス(イエスタデイ)→スイス(エーデルワイス)→ロシア(ステンカ・ラージン)→アメリカ(アメリカ)→
ブラジル(イパネマの少年)→ハワイ(ブルー・ハワイ)

私が一番好きなのは、アフリカの「ライオンの昼寝」。とっても難しい歌なのに、本当にうまくて、しかも楽しい仕上がり♪

岡崎友紀4

中ジャケにも豪華カラー写真がたくさん(その割にはヨーロッパの写真多め(笑))。エッフェル塔をバックにスヌーピーと。
歌った全部の国には行ってないみたい?(写真が全部の国の分はないので)ですけど・・・

岡崎友紀3

どんなときも、スヌーピーと一緒!
岡崎友紀8  岡崎友紀9

そしてそして、切り離せばポストカードになる豪華な付録まで!

岡崎友紀5

裏面には、イラストが得意な友紀ちゃん本人が描いた自画像☆

岡崎友紀6

かわいい!!!

岡崎友紀7

友紀ちゃんはとっても多才なのです!歌もうまいし、表情はクルクル変化するし、文章やイラストだってうまい。
そして、ドラマ「おくさまは18歳!」の役名、高木飛鳥名義で作詞だってしているのです。

そこのところについてはまたいつか書きたいと思っています。


レモン糖度 100


ちなみに、私はこのレコードを最初に買ったものにはポストカードが入ってなかったので、もう一枚購入しました。
ご購入の際は、ご注意を!


☆関連記事→おくさまは18歳 新婚旅行

乙女のお部屋に一枚  **ネコジャケ**

  • 2012.01.30 Monday
  • 16:13
レコード保持数数百枚(非常にビミョーな数)の私が、レコードのジャケットについて語るのは100年早いですが、
数あるジュリーのレコードの中でも一番好きなレコードジャケットがこれ。

ジュリー

JUEL JULIE」という全国縦断コンサート記念盤。ジュエル・ジュリーですよ!(宝石ですよ!)

ピンクのふわふわのフェイクファーの上に、同じく白くてふわふわのネコちゃんと
ネコちゃんに覆いかぶさるような姿勢のジュリー

裸にフェイク(?)パールのネックレス!そして手袋〜。写真の上からお化粧加工したのか、技法はよくわかりませんが、
色使いがショッキング

インテリアのアクセントにいかが?


なんと特別大附録として「豪華絢爛極彩新聞」も入っているのです!それが、これです。サリーの姿も

ジュリー2   ジュリー3

「沢田研二が選んだ今、興味のある人々。何人知ってる?BEST.10」

右から、美空ひばり、由利徹、バスター・キートン、ミック・ジャガー、笠置シヅ子、田谷力三、グレタ・ガルボ、
ザ・ピーナッツ(苦笑)、三波春夫、マレーネ・ディートリッヒ。

1974年盤なので、伊藤エミさんと結婚されたのが1975年だから・・・フムフム・・・

由利徹さんとバスター・キートンさんを挙げるあたり、お笑い好きのジュリーらしさが出てる!?
いずれにしても大物がお好きみたい!?

ジュリー4


そして、峰岸達さん(熊谷突撃商店/ねじめ正一の装画*注1で私はなじみ深いです)の
イラストの空の部分に、見づらいですがジュリーの詩が書かれています。意外にもちょっと乙女チックな詩の世界。

「白い雲、青空」

白い雲が好き
青い空にある白い雲が好き

青い空も好き
白い雲のある青い空も好き

白い雲が好き
青い空に
一人ぼっちでいる白い雲が好き

白い雲が好き。


左の写真下には

「ルドルフ・バレンチノって知ってる?」
略 ジュリーは「世紀の二枚目」なのでしょうか?どう思う。・・・略

口調がレモン世代の女子向け?

ジュリー5  



略 「グレタ・ガルボ、マレーネ・デイトリッヒこの二大女優、皆さんも知ってますよね?。・・・雰囲気少しジュリーに似てると思わない?・・・果たして、何十年かが過ぎ去った時この二大女優のように、ジュリーも「世紀の伝説」として多くの人の記憶の中に生きていられるでしょうか?。」

くどいですが、完全に口調が私たち女子に向けられてるよね??

ジュリー6



気になるアートディレクションは芸能人スタイリストの草分け的存在
早川タケジさん(1973年からジュリーの衣装デザイン・レコードのジャケットADとして活動:ウィキより)、
デザイン:加藤裕将●デザイン・コンセプト:広野展生(P.C.C.)

ジュリー10

イラスト:峰岸達・早川タケジ●フォト:長濱治・武藤義(P.C.C.)●ヘアメイク:関谷ミキ●モデル:山佳ヤスコ

ジュリー11

新聞の裏表紙、そして歌詞カード。B面の最後に「追憶」が。ピンクと水色とレモン色!の乙女カラー。

ジュリー12  ジュリー13

ジャケット裏

ジュリー14


ああ、ジュリー周辺についてもっと知りたい!

レモン糖度 100


注1:




ジュリーファン必読の早川タケジ作品集!アマゾンではどえらい金額で売られております。ありえない・・・絶賛復刊希望中。
ぜひとも復刊していただきたい。

 

ラジオ・デイズ

  • 2011.12.22 Thursday
  • 01:05
JUGEMテーマ:ラジオ

毎月楽しみにしているラジオ番組があります。一月に一回、一時間というのがとっても特別な時間に思えます。

NHK−FMの「小西康陽のこれからの人生。」。このラジオ番組の存在を知ったのは、震災後のこと。 

小西さんの選曲は、日本にも、こんなに素敵な曲がまだまだたくさんあるんだなあ!と、驚きと感動で満たしてくれます。
それほど、日本のすばらしい曲をたくさん流してくれるのです。
日本はもちろん、世界中の隠れた名曲を時代を越えてオールジャンルの中から紹介してくれる、そんな稀有な番組。

おそらく、「レモン糖の日々」のブログを好んで見てくれてる人の中には、音楽の好みが似ている人も多いと思うので、
聴いていらっしゃる方もいらっしゃると思います。

12月21日は初の「リクエスト特集」でした。私は「家政婦のミタ」に涙していて、実は3分も聞き逃してしまったのです!!!

それでも、大好きなケニー・ランキンのhaven't we met?が流れたり、marden hillが流れたり、好きな曲ばかりでうれしくて、
実は私もリクエストをしたけれど、採用されるならたぶん最後のほうで流れるのかも?
なんて淡い期待を抱きながら、聴いていました。

そしたら!なんと、市川実和子ちゃんの声で、
レモン糖の日々さんからのリクエストは、山口いづみさんのそよ風のように、です。座右の銘を聞かれても困るけれど、
この曲のように生きられたらいいなあと思っています
」と、私のリクエストを読んでもらえたのです!
実和子ちゃんの口から「レモン糖の日々」!!!感激してしまいました。

この曲は、私の一番好きな曲で、とっても大切に想っている曲。
特に、歌詞が、こう生きられたらいいなあ、という理想なのです。いつか、このブログでも書こうと思っていたほど。
結婚式でも流しました。

この曲と出合ったのは、ドラマ「雑居時代」。

私はこの曲と出合った頃、岡崎友紀ちゃんにはまり、友紀ちゃん見たさにケーブルテレビで昔のドラマばかりをむさぼり見ていました。「雑居時代」には、友紀ちゃんは出ていませんが、おなじみの石立鉄男さんと大原麗子さん、そして、この主題歌を歌う山口いづみさんが出演していて、髪型やファッション、インテリアに釘付けだったのです。それで主題歌の入ったCDを購入して、今に至ります。

ぜひ、詩に耳を澄ましてきいてみていただきたいです。やさしい気持ちになれますよ☆

なかにし礼作詞  大野雄二作曲







うれしすぎて、書いてしまいました。

レモン糖度 100


再放送が12月29日(水)午前10時からあるので、今度は最初からちゃんと聴きたいと思います。

P.S.もうひとつ、うれしかったのが、このブログを見てくださっている方から、ラジオを聴いている最中にツイッターで、
「ラジオ聞きました!」とご連絡をいただけこと!そんな奇跡みたいなことあるんですね。ツイッターっていいなあ。
一人で聴いていたのですが、遠いどこかの誰かと一緒に聴いているんだなあと実感できて、幸せでした。





評価:
テレビ主題歌,貝がら,山口いづみ,シンガーズ・スリー
VAP,INC(VAP)(M)
¥ 2,104
(1999-08-21)
コメント:山口いづみさんの「そよ風のように」を聴くためだけに購入しても、価値があります。この曲は唯一このCDだけで聴けるのです。「水漏れ甲介」の主題歌も優しい。70年代の空気が好きな人は迷わず買うべき!

小沢健二 「LIFE」

  • 2011.05.19 Thursday
  • 18:31
評価:
小沢健二,小沢健二,服部隆之
EMIミュージック・ジャパン
¥ 2,397
(1994-08-31)
コメント:90年代ポップスの最高峰。一家に一枚。とにかく、ウキウキで痛快でちょっぴり切ないラブソングたち。いまさら?いえ、オールウェイズマストです!

JUGEMテーマ:お気に入り


この1年近く、寝る前には岸田今日子・岸田まゆちゃんの「おはなししてよかあさん」を、主人も「飽きないの?」とあきれるほど、飽きずに毎日聴いていた。

でも、ちょっと、つらいことがあって、なんだか、気分を変えたいなーと思って、引っ張り出してきたのが、このアルバム。
小沢健二「LIFE」。

久しぶりに聴いてみると、体の細胞の隅々に眠っていた刷り込まれた小沢健二分子たちが、ゾワゾワと動き始めて、何とも言えない気持ちになって、もう骨抜きの腰砕け(涙)!

以前にも書きましたが、私の青春はフリッパーズ・ギター(ド田舎の中学生だったので解散後)と小沢健二/コーネリアス/カヒミ・カリィのこの3人を主に柱とした渋谷系一色!

コーネリアスとカヒミ・カリィのライブはほぼ行けているのに、小沢健二のチケットだけは、とれたためしがなくて、当時、オークションなどの知識がなく、昨年のライブのチケットをオークションで通常の2倍の金額を出して、2階席の後ろの方・・・という悪条件の中、初めてライブを見れたのです!

彼らの出る雑誌は全部買って、テレビやラジオ番組は全部録画して、作品は全部買って、、、というほどのファンの私がなぜ、チケットを手に入れることができないのか。。。(怒)?と理不尽さを感じながらも、小沢健二のメジャーさをこのライブで目の当たりにして、改めてびっくりしたのでした。(若いOL風、つまり全然お洒落じゃない(今はお洒落だとかのカテゴリーが多様化していますが、昔ははっきりとお洒落とそうじゃないが明確だったのです)ファンの人も大勢いたので、ファン層の広さにも今更ながら驚いたのでした(いや、自分はさておき昔はお洒落なヒトしか聴かないイメージだったので))

当時愛知県で聴いていた小沢健二の作品を東京でしばらく生活をして聴いてみると、感慨もひとしお。詩が沁みるしみる。

目をつぶって聴いていると、「なんで自殺しちゃうんだよー!」と青木達之さん(青木さんの年齢を追い越してしまった自分に驚き)のことを想って、涙が出てきたり、岡崎京子さんが去年のライブに来て、小沢君が涙したエピソードを思い出したり、このアルバムを私はもう持っていたのに、父が「店に山積みになってたぞ」と「LIFE」を買ってきて、「もう持ってるよ!!」と言った発売当時のエピソードを思い出して、父の愛情に涙したりと、青春フラッシュバックで涙なしには聴けませんでした。

小田和正をリスペクトし、この世で一番好きな音楽は「真夏の果実」だと言っている主人も、小沢健二を歌えるので、東京タワーをすぎる急カーブを曲がりあっというま海が見えるコースをドライブに連れて行ってもらおうかな。

とかいうオチも90年代っぽい。。。

レモン糖度 100
 

岸田今日子さんとまゆちゃん

  • 2011.02.09 Wednesday
  • 19:35
JUGEMテーマ:お気に入り
 
ラジオから「雨のふる日」が流れて来た時の衝撃たるや…


小さな女の子が「あのね、雨の歌

お母さん   「歌って

女の子    「ちょっとちょっとここからポタリちょっとちょっとここからポターリ
       っていう歌。知ってる?」


お母さん   「知らなかった


というかわいらしい親子の会話から始まるアルバム。



その親子が女優の故岸田今日子さんと娘のまゆちゃん(当時3才)



まゆちゃんがまあなんとかわいらしい性格だこと!
そして、今日子さんの愛情がひしひしと伝わってきて、去年の7月にCDを購入してから、
毎晩寝る前に飽きずに聞いている。



ふたりの会話や今日子さんの朗読。そして、ふたりのデュエットや今日子さんの歌。

それらが、良い具合に構成されているので、何度聞いても毎回幸せな気持ちになる。




 
なぜ、こんなに自然な会話が録れるのか?
それは、今日子さんが、録音機を自宅に持ち込んでずっと録音していたから!

その中から会話を選び、作品と組み合わせているのです。
ライナーノーツには、その苦労とともにとても楽しい時間だったと書かれています。

できることなら、もっともっとこの二人の会話を聞いていたい。



中でも気に入っているのが、
1曲目「雨のふる日」。なんてかわいい歌なんだろう。まゆちゃんの拙さもたまらない。



それから、歯医者さんゴッコ!(4曲目)
最後に医者であるまゆちゃんが泣いている患者の今日子さんに
今救急車がきますよ
どうするんです?救急車で
家送ってもらうんです」   …ズキューン!!



それから、まゆちゃんがお絵描きをしていて、
今日子さんがまゆちゃんの絵を見て、「これは何のお話し?」
まゆちゃん「早く紙芝居して私見てるから
あなたが描いたんでしょ。
あるところに大きなお花がいました…そこへ来たのはだあれ?
(たぶんこれと絵を指差す動作)」
傘たち!
傘たちがどうしたの?」
傘たちがねぇ、『花たち!』って言ったの
それから?」
それでねぇ、『やい!』って言ったの
それから?」
それでねぇ、(小声になって)ブッパタイタ
え?」
 また小声で「ブッパタイタ

ぶっぱたいたの?!へんねぇ
早くぅ、してったらして
あはは
早くったら早くぅ
あはは
早くったら早くったら早く!」
そうして…ブッパタキました。そ、へんねぇ
「うふふふ」(ふたりで)





この、急に小声になるところがたまりません。
まゆちゃんなりに言ってはいけないことだと判断したんでしょう

今日子さんも迷ったあげくにのってあげたところがいい!




それから、おそらくおふろ上がりにパンツを履くのを嫌がって
素っ裸で走り回るまゆちゃんを追っかける今日子さん。



今日子さん作のお話しに耳を傾け、的を得た質問をするまゆちゃん。
今日子さんの声に大喜びするまゆちゃん…



まゆちゃんの素直なかわいさにすっかり参ってしまって、
寝ても覚めてもまゆちゃんの日々。



まゆちゃんの写真集があったら買いたいな(ないけど)。



そうこうしているうちにいつの間にか今日子さんへの興味も増大。
そして、今日子さんの本や映画を読み、見あさる日々。
いつの間にか岸田今日子の魅力に引き込まれてしまった!

お勧めの本と映画はまた後日に。





このCDは、子どもがいない人でも楽しめます。
子どもが大好きでなくても子どもが主役の映画などは好き、
というような人にもたまらない作品だと思う。

 
私的には無人島に持っていくCDです。
全力でお勧め!!!

 



レモン糖度 100




評価:
岸田今日子,岸田まゆ
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥ 2,098
(1998-04-21)
【ディスク1】
  1. 雨のふる日
  2. 小指とピアノ
  3. カポネ
  4. はいしゃさん
  5. ばんそうこうとほうたい
  6. かあさんのおるすばん
  7. シーソーのろうよ
  8. かぜとかざぐるま
  9. パンツのはきかた
  10. みんなの木:だいすきな木~きのこ~木の下で~お月さんと木
  11. 白い小鳥
  12. かくれんぼの村
  13. ぶどうとこりす
  14. もぐらのおばさんちょっときておくれ!
  15. 人魚のこもりうた
  16. はじめてのうた
コメント:まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM