ザジとタモリとアンナ・カリーナ

  • 2012.04.02 Monday
  • 20:30
ツイッターをのぞいていると、時々素敵な情報を得られることがあります。

今回は、先日のゴルゴのマッチがご縁でお友達(私のブログに共鳴してくれて且つ優しい方を勝手にお友達と呼ばせていただきます)になった、濱マツコさんのツイートに素敵な映画の情報がつぶやかれていたのです。

それは、「喜劇役者たち 九八とゲイブル」。ツイートに添付された画像を見ると、ひそかにお慕い申しているタモさんが眼帯姿で映っているではありませんか!それで、素直に「見たい!!!」と反応したところ、濱マツコさんはなんと、その映画を見せてくれたのです!

ざっくりとしたストーリー

売れない役者であるキンキン(愛川欣也)はストリッパーのマネージャーとして、とある小屋へやってきました。そこで、タモさん扮する“根っからのコメディアン”と出会い、その、突拍子もない行動ばかりするタモさんに惚れ込んで、キンキンは「二人でコンビを組もう!」とタモさんに提案するのである。晴れてコンビを組むことになった二人のステージは、毎回どっかんどっかんと笑いをとることができる。それというのも、タモさんの予測できない芸によるものが大きいのだが、、、ある日そんな二人を見初めたテレビ界の有名プロデューサーが「テレビに出ないか?」とやってくる。ところが、一方で、タモさんは実は精神病を患っており、精神病院から抜け出してきたことがキンキンの耳に入るのである。今まで、面白いやつだと思っていたのが、すべて病気によるものだという風に映り出し、ちょっとだけキンキンは戸惑うのであった。。なんやかんやで結局テレビに出ることができないのだが、キンキンはテレビのプロデューサーが、自分ではなくタモさんの才能を欲しがっていると知り、コメディアンをあきらめて恋人のお店を継ぐことを一旦は決心するのだが、やはり、夢を捨てきれず・・・タモさんとまたコンビを組む決心をする。しかし、タモさんを病院へ連れ戻そうと、精神病院の医院長が警察を引き連れて捕まえにきてしまう。キンキンとタモさんは逃げ惑うのだが、最後にトラックに飛び乗って、逃げ切ったと思ったら、そのトラックは精神病院へ入っていく、というオチのドタバタ劇


まず、見所は、タモさんの芸!「TAMORI」のCDを持っているのですが、聞くだけでも笑えるのに、映像で4カ国マージャンや、ラジオの北京語放送、アシカの真似などを見ることができて、最後のあたりの「君が代」の替え歌には声を出して笑ってしまいました。赤塚不二夫さんや黒柳徹子さんらが絶賛した芸を見られるのです☆

後半の精神病院の医院長や警察から逃げ惑う場面は、まるでフランス映画を見ているよう。「地下鉄のザジ」を思い出し、
見ていてトキメイてしまいました。

それから、キンキンの恋人役で出ていた女優の佐藤オリエさんが、アンナ・カリーナにそっくりで、見入ってしまう。

あなたにとってもっともフランスを感じる日本映画は?と聞かれたら、これからは「喜劇役者 九八とゲイブル」と
答えることになりそうです。

これもキーなんですが、タモさんが「苦楽芸振」と書いて「クラーク・ゲイブル」、キンキンが「芸利九八」と書いて「ゲーリー・クーパー」。井上ひさしさんの「喜劇役者たち」が原作で、脚本は田坂啓、瀬川昌治さんだそうですが、タモさんもかなり脚本・演出に関わってのではないのかな?と感じてしまいました。

あき竹城さんの脱ぎっぷりも大胆で、すごい。

でも、今のご時世ではいろいろ問題になりそうなところが多すぎて、DVD化は難しそう・・・。

地下鉄のザジ好き、タモリ好き、アンナ・カリーナ好きにお勧めの映画です!是非見てみてね(なんとかして)。







   

レモン糖度 90


濱マツコさんのブログで、ゴルゴマッチと、「レモン糖の日々」をご紹介いただきました→「ろくでもない思いつき


評価:
タモリ
Sony Music Direct
¥ 4,590
(2007-12-19)
コメント:タモさんの才能を改めて堪能してほしい。可笑しくて、可笑しくて、声を出して笑ってしまいます。すごい大人がいたんだなあ。とにかくいろいろのお笑いの元祖だと思われます。

評価:
---
松竹
---
(1983-08-16)
コメント:地下鉄のザジとタモリが好きなら必見!もっともフランスを感じる日本映画です。アンナ・カリーナ似の佐藤オリエさんも見られます。

続きを読む >>

映画ひとこと感想

  • 2011.05.20 Friday
  • 22:45
JUGEMテーマ:最近みた映画

探偵物語



有名すぎて、見ていないのに見た気になっている人も多いのではないだろうか? 
あえて、レンタルもするようなものでもないのだが、岸田今日子さまが出ているという理由で借りてみました。

最後の松田優作と薬師丸ひろ子のキスのエロいこと!

もっと、主題歌:『探偵物語』 - 作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一、編曲:井上鑑、歌:薬師丸ひろ子 が聴けるのかと思っていたが、ちらっとしか流れなくて残念。

レモン糖度 50

ウール100%



ネットのレンタルではなかなかメニューになくて、店舗のレンタルではあったので、借りました。これも岸田今日子さんの遺作。

最初の「ひつじのりんだ」という富永まい監督作詞、矢口博康作曲・歌の歌がすごく良い。
岸田今日子さんも案の定気に入っているらしい(ちょっと毒のある世界の好きな今日子さん好きそう)。
サントラが出ていれば欲しいところだが、どうも出ていなさそう。

「あみなおしー」の声が連発するあたりは、正直苦痛で仕方がなかった。

一番おもしろかったのは、ボーナス映像の岸田今日子さんと吉行和子さんと監督のお話し。
これを見られただけでも借りて良かった。

切なかったのは、岸田今日子さんが亡くなる半年前の舞台挨拶では、今日子さんの姿がなかったこと。
入院中だったのでしょう。。。。

ふたりの若い頃の役の女の子たちがとてもかわいかった。



レモン糖度 60

空気人形



「幻の光」の是枝監督と「リンダ・リンダ・リンダ」のぺ・ドゥナが主役ということで、本当は映画館まで見に行こうかと思っていた作品。ようやくレンタルできました。

ぺ・ドゥナの裸が期待をうらぎらない美しさで、最初から最後まで美しいものを見させていただいた、とてもきれいな映画だったと思います。

レモン糖度 75


以上 ひとこと 感想でした。

山下敦弘監督作品

  • 2011.03.31 Thursday
  • 21:35
JUGEMテーマ:日本映画の監督

好きな映画はたくさんあります。

でも、好きな監督は?と聞かれると、困る。

数本見ただけで、好きな監督と言っていいものか・・・なんて考えてしまうから。。

でも、それでもあえてあげるなら、鈴木清順監督と山下敦弘監督が好き

今日は、5月に公開をひかえている「マイバックページ」を監督した、山下敦弘監督について少し。

私と山下敦弘監督作品との出会いは、今から7、8年くらい前でしょうか、名古屋のシネマテークで、
その男、狂棒に突き♡(汁刑事)」のショートバージョンをいくつかのオムニバスと共に見たのが最初。

まず、興味はまだ監督ではなく、主演の山本剛史さんに向けられました。
なぜなら、「これは、演技なの!?それとも、ほんとうに、こういうヤバいヒトなの!?」という、かなりハラハラする性格の役どころ。しかも、初めて見る役者さんなので、情報がないところへいきなりあんなものを見せられたら、かなり戸惑います。

それで、その山本剛史さんがどんな人物なのか、他の作品も気になってみてみました。

次に見たのは、「ばかのハコ船」。
汁刑事の「尾崎(山本剛史)」は、この「ばかのハコ船」に出てくる「スーパーおざき」の「尾崎」から派生しているとそこで知るのでした。

そして、この「ばかのハコ船」が面白い!!!!
私はDVDを購入して、何度も何度も見てしまいました。この時点では、山本剛史さんに夢中。
そして、音楽を担当した赤犬にも夢中の日々。

知りたいとなったらとことん知りたくなってしまうので、、「その男、狂棒に突き♡(汁刑事)」のロングバージョン、その後公開になった「リアリズムの宿」←名作!くりいむレモン」、「リンダ リンダ リンダ」、「ユメ十夜」、「天然コケッコー」←名作!も見、「山下敦弘傑作短編集」というDVDも買い、の日々です。まだ見れていない作品もありますがいつのまにか、山下敦弘監督のファンに

そして、今年の5月にはいよいよ「マイ・バック・ぺージ」の公開。
山下敦弘監督がマツケンと妻夫木くんを撮るだなんて、すごい!!!とこの映画について知ったときはちょっとびっくりしてしまったほど(勝手に初期の方からのファンのつもりで・・)。
でも、うん、この監督がすごいってこと、やはりみんな分かってるんだ!と納得でもありました。

今から楽しみでしかたないです。

山下敦弘監督は、私と同じ年で同じ愛知県出身ということも親近感がわいてしまいます。

そこで、もしまだ山下敦弘監督作品を見ていないという方で、このブログを見てくださった方に、
僭越ではありますが、山下敦弘監督作品との理想的な出会い方の順番を提案したいと思います!!

それは、

「ばかのハコ船」⇒「その男、狂棒に突き♡(汁刑事)」⇒「リアリズムの宿」

この3本を見て、ハマれば、私は、「好きな監督は?」と聞かれて「山下敦弘監督です」と答えていいような気がします(笑)
そして、「マイ・バック・ページ」がどんな仕上がりになっているのかを、楽しみに☆

P.S.「天然コケッコー」に佐藤浩市さんが出ているのを見て、わあこんなメジャーな俳優さんが出てくれるんだ!すごい!!!と、それまで、気にも留めていなかった佐藤浩市さんを見なおしてしまって(笑)、佐藤浩市さんの作品を見るようになったらすっかり彼のファンになってしまいました。彼の発言なんかも見ていると、映画に並々ならぬ熱い思いを持っていらっしゃるようで、山下敦弘監督のことも、評価をしていたので、ますます好感を持っています。。こうやって興味の連鎖ができると、日々が楽しいです。
レモン糖度 山下敦弘監督作品 97 人気ブログランキングへ

評価:
山下敦弘,向井康介
エースデュース
---
(2004-03-26)
コメント:スーパーおざきの尾崎が笑えてしかたありません!何度観ても、笑える。とりあえず、最後まで見てみていただきたい。

評価:
---
アップリンク
¥ 2,940
(2006-02-24)
コメント:ヤバいです!ばかのハコ船を先に見るか、汁刑事を先に見るか。どっちが効果的なんだろー!私は汁刑事から出会いましたが、すっかり虜です!

評価:
---
バップ
¥ 3,797
(2004-12-22)
コメント:くるりの曲も良い。オチも素敵。私はこの映画の公開のときにいただいた「とりぴー」を今でも大切に車に飾っています!男子に特に見てほしいと思う、なぜだろ。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM