フラれて出会った喫茶店

  • 2017.01.24 Tuesday
  • 23:16

 

港から帰るときにいつも気になっていた「喫茶蘭」についに寄ることができたのだがまたもお休みでフラれてしまった。。

そこで、近くにいいところないかな?とウロウロして数軒の素敵な喫茶店に出会うことができた。

 

大阪

 

「喫茶スワン」はお休み、「喫茶とも」は時間が足らず。他にも「シャルム」というパン屋さんも気になりつつ時間がなく。

 

大阪 大阪

 

 

「喫茶エルベ」大阪市住之江区中加賀屋2丁目4−18

 

モーニングはトーストかサンドイッチを選べるとのことで、サンドイッチを。出てきたのがふわふわの焼き卵サンド!パンもふわふわで美味しかった!!!

ママさんの接客も優しくて。

 

大阪 大阪

 

大阪

 

大阪 大阪

 

大阪 大阪

 

 

「喫茶チロル」大阪市住之江区中加賀屋3丁目12−19

 

店構えや店内も★★。こちらは満員で、注文を受けてから出すまでにかなりの時間がかかるとのことで一度席に座るも、時間がなくて断念。

 

大阪 大阪

 

大阪 大阪

 

大阪

 

そして一度はもう帰ろうと車に乗ったのだがその道中で「純喫茶」と書かれた看板を見つけてしまい、家族に頼み込んで一人扉を開いた。

 

ジュン ジュン

 

いつも喫茶店の扉を開く度に受け入れてもらえるのか不安でいっぱいなのだけど、常連さんとママさんが快く迎えてくださった。

しかも素敵な店内でうれしい。

 

ジュン ジュン

 

カウンターを見ると大きな猫が寝てる!

立派な猫ですね!と声をかけると、「お嫌い?大丈夫?」と常連さん。私は猫が大好きなので、その旨を伝えるとほほえんでくださった。

 

ジュン

 

入口の看板の真裏にあたるのかな?看板と同じ形をした棚には鹿のはく製と、私の好きなコーヒー豆が入った逆三角形のガラス。

 

ジュン ジュン

 

since1969!

ママさんが主人の好きだった優しい親戚のおばさんにそっくりだったせいか、(私も好きだった)そのおばさんに微笑んでもらえてるみたいで

初めて訪れるのに懐かしい気分になった。旅の最後が純喫茶ジュンで本当によかった。

 

ジュン 

 

2階の倉庫にたくさんあるんだけどとりに行くのがしんどくて、ひとつだけだけど、とマッチをくださった。

 

ジュン

 

ジュン

 

レモンレモン糖度 88

 

純喫茶ジュン 

大阪市住之江区西加賀屋2丁目2−2

 

ちょっとドライブしただけで「レモン糖の日々」に綴りたくなる喫茶店にいくつも出会える大阪って、すごい。改めて大阪の喫茶店の魅力に感心してしまった。

おかんアートの街を歩く

  • 2014.09.08 Monday
  • 00:45
ぱるふあんの近くにアーケードのある、巨大な商店街があると知り、散策。真夏だったので、
アーケードの下しか歩きたくなかった。その商店街こそが、以前書いた「おかんアート」で
紹介されいる商店街だったのである。いつか散策してみたいなあと本を読んだ時に思ったのだが、
ぱるふあんのおかげで実現してうれしい。短い時間だったが、7割くらいはまわれたんじゃないかな?
初めての街の商店街を歩くのって楽しい。

長田

長田

長田

長田

長田

長田

長田

長田

長田


長田



「おかんアート」に掲載されている駄菓子店で小さいサングラスを購入。

長田

初めて喫茶店で飲む冷やしあめ、美味しかったー。

長田

長田

長田

長田

長田

大好きな薔薇が描かれた「ばらソース」をおみやげに。ショップカードがレトロで可愛い。

長田

長田



続きを読む >>

ぱるふあん

  • 2014.08.22 Friday
  • 00:07
 時々、「この喫茶店のために」旅に出たくなる。「この一軒の喫茶店のためだけに」・・・
そんな時はよくばって周辺の喫茶店を探すのではなく、喫茶店はその一軒のみで、あとはその喫茶店のある街を
なんかいいものないかな?くらいの気持ちで散策したい。

半年くらい前だろうか?フォロワーさんがアップしている喫茶店の写真に一目惚れをしたのは。
この喫茶店に行かずしては死ねない・・・大げさかもしれないけれど、好みの喫茶店を知ってしまったら
それくらいの衝動が胸に走るのである。いてもたってもいられない、すぐにでも飛んでゆきたい・・・
そう思ったらすぐに飛んでゆくのが独身の頃の私であったが、今は家庭もありそんな我が儘はなかなか通らない。
ところが、半年も経たないうちに願いが叶ったのだ。
主人の実家へ船で行くことになり、神戸から出航するルートを選んだのである。この恋焦がれた喫茶店
「ぱるふあん」に行くために。

私の強い恋心を裏切らない入り口と内装だった。そしてマスターの笑顔。熱々のランチをほうばりながら
店内をじっくりと見渡す。おそらくオリジナルであろうマガジンラックの形にしびれたり、
カウンターの曲線にグッときたり、お手製の布巾にハッとさせられたりと、片思いでも幸せな恋ってあるんだなあと
ドキドキされっぱなしだった。

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

ぱるふぁん

有楽町のストーンや熊本のシグナル、四谷のロンのように都会的でカッコいい喫茶店に私は弱いようだ、
思い浮かべたただけで胸が高鳴る。うん、やはりこれは恋に違いない。
卒業式に第二ボタンをもらったことはないけれど、「ぱるふあん」のマッチは、
片思いのあのヒトの心臓に近いボタンを手にした時におそらくするように、
手のひらでそっと包んで自分の胸に当てたくなるような、そんなキュン・・とする私の宝物。

レモン糖度 98

神戸市長田区北町2丁目63
6時半〜19時 日祝休

思いつき

  • 2014.05.12 Monday
  • 16:25
数年前に訪れた、神戸の喫茶店「思いつき」の店主(代筆 店主の妹さん)からお葉書が届いた。
なんでも、2014年5月19日(月)11時25分〜30分、フジテレビの「国分太一のおさんぽジャパン」にお店が出るそうなのだ。


当時、訪れる前に電話で営業時間を確認したら、お休みだというのに「いるから、来てね」とおっしゃってくださって、お店に入れてくださった。
それだけでも感激なのに、珈琲を出してくださって、「今日はお休みだからお代はいらないの、私のお客様」と、店主のお家に遊びに来たみたいにもてなしてくださったのだ。

思いつきで始めたから「思いつき」という名前のこの喫茶店は、店主のお人柄が1番の魅力だが、壁から小さなテーブルが出ているつくりが独特で、壁にもたれながら自分の横にあるテーブルの珈琲を飲むスタイルが新鮮な、それはそれはとってお喫茶だった。

一応手土産は持参していたものの、この素敵な時間に感激して後からお礼のお手紙をお送りしたのがご縁で、今回お葉書をくださったのだ。(以前いただいたお葉書には店主直筆の栗の絵が楽しかった)

ああ、また行きたいな。


葉書が届いた今日、さっそく録画予約をした。放送が楽しみでならない。











兵庫県 神戸市兵庫区西出町1丁目2−18

CAのマスターの思い出の場所 長楽館

  • 2013.11.12 Tuesday
  • 11:23
ずいぶん昔のことなのでうろ覚えではあるが、度々訪れる「CA」でマスターにぽつりぽつりと話かけていただいた。
これも、そんなある日の「CA」での会話なんだろうと思う。

「京都にある長楽館て知ってる?」そんな風にふいに聞かれた。知らなかったので「知らないです。」と答えると、
「そこはね、僕と奥さんの思い出の場所なの。とっても素敵なところでね、一緒にダンスを踊ったんだよ。
本当に素敵なところだから行ってみてごらん。」そんな会話だったと思う。

その時から私の心の中に「京都の長楽館・素敵なところ」と刻まれた。

それから数ヶ月だったか、何年か経ってからかそこのところの時間の経過は覚えていないが、
「長楽館へ行くために京都に行きたい」と友人を誘った。この友人は喫茶店や私の趣向、そして私などに全く興味を持っていない
そういうスタンスの親友だったのだが、長楽館に着くと、そのレトロでロマン溢れる佇まいに感心していた。

私はここでマスターと奥さんがダンスを踊っているところを想像した。そんなに広くない店内(カフェ)だったが、
若かりし頃のマスターとたぶんかわいらしい奥さんが手を取り合って楽しそうにダンスをしていただろう光景が
目に浮かんで、嬉しくなった。この日は盛況で処狭しと並べられたテーブルと椅子はお客さんで埋め尽くされていたが、
私の目にはマスターと見たことのない奥さんしか映っていなかった。

今思えば、マスターの指す長楽館がこの長楽館カフェかどうか・・現在のホテルの部分かもしれないのだけれど。

マスターの思い出の場所であることも手伝って去り難く、しばらく庭などを堪能し、控えめに何枚か写真を撮った。

「長楽館に行きました!」そんな報告をマスターにしたかったけど、「CA」はその頃すでに閉店してしまっていた。

私にとっても思い出深い場所となった長楽館のマッチ箱は、今も私の宝物。

 
長楽館

長楽館

長楽館


レモン糖度 90

甘酸っぱいのが好き

  • 2013.07.09 Tuesday
  • 17:04
紫野和久傳の「西湖」が好き。好きと言ってもまだ数回しか食べたことがなくて、私にとっては高級品なのだが。
その紫野和久傳の堺町店でしか食べられないという「できたて本わらび餅」というのを食べてみたくて訪れた。
注文をしたのは「できたて本わらび餅+西湖」、主人はメニューを見て私が2番目に食べたいと思った「流れ梅」 。
最初に出てきた、できたてのわらび餅は温かくてトロットロに柔らかくて、本当に美味しい。セットでついてきた煎茶は
私の苦手な高級な味(出汁のような変な甘みを感じるもの)だったので主人にあげた(ちなみに主人の実家は
この高級なお茶を飲んでいるようで好きらしい)。

和久傳

本わらび餅を食べ終わった頃に「流れ梅」がテーブルにやってきた。そこで、私は主人と席を替わり、
「流れ梅」を当然のように食べ始めた。そしたら・・・!甘酸っぱくて想像以上に美味しい!
神保町の竹むらで「杏あんみつ」を食べた時にあまりの美味しさに喉が鳴ったけれど、それ以来ぶりに私の喉が鳴った!
前日に近所のおばさんにひどいことを言われて傷つき、傷心だったけれどそんな暗い気持ちを一気に
吹き飛ばしてくれたのはこの「流れ梅」だった。透き通った葛切りに梅の酸味、そしてシロップの甘み。。。
夏の喜びだわ・・・。シロップも全部飲みほしてしまった。

和久傳

そして最後に「西湖」。全て形があるようでないような食べ物ばかりだったけれど、私の心をトロンと充たしてくれた。

和久傳

ふと見渡すと内装も素敵・・・
置かれていた随筆も楽しく、今度は母も連れてゆきたい。

和久傳

和久傳

和久傳

冬には冬限定の「あったか葛の邪気封じ」、そちらも必ず食べたい。次に行けるのはいつのことかわからないけれど、
きっとまた訪れると思う。

レモン糖度 99

ケーキが回転するCC’S

  • 2013.07.05 Friday
  • 15:58


京都に丸一日いられたのはどれくらいぶりだろう?駆け足でいくつかお店を巡ったが最もときめいてしまったお店CC’S。

CCS

CCS

CCS

CCS

扉を開けてまず目に飛び込んできたのが何段にも並べられたケーキが回転するショーケース。
なかなかのスピードで回っていた。ケーキが回転しているのを私は初めて見た気がする。
しかも、こんな老舗の喫茶店でクルクルと回り続けているのがちょっと不思議。全く想像していなかったので、
思わず「わあ!回ってる!」と声に出してしまったほどだ。
日持ちのしそうな大ぶりのケーキがいくつもまわっているのを食い入るように眺めながら迷いに迷って
「エンゼルフードケーキ」を選んだ。

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

こちらの生クリームもいわゆる生な感じがせず、私の好きな甘いバターっぽい生クリーム。そして酸味のあるジャムと
缶づめでない生のサクランボがのっていて、ちょっと大きめのサイズでもぺろりと食べることができた。
主人もめずらしくおいしいおいしいって言いながらつまんでいた。一緒に注文したホットチョコレートも、甘すぎず、
コクがあって本当に美味しかった。

CCS

CCS

ショーケースに並んではいないが、メニューにある「ベークドアラスカ(アイスをメレンゲで包んだもの)」の
ビジュアルがどうしても見てみたく、注文。高齢の優しい声のおばあさんがメレンゲをせっせと泡だてて、
バーナーで焦げ目をつけてこんなにかわいいデザートを仕上げてくださった。
沖縄で食べたサムズバイザシーの「バレリーナ」、東京会舘の「マロンシャンテリー」に並ぶ乙女チックなデザートだった。
この白いふわふわの中には自家製のストロベリーアイス。食感がなんともいえず楽しかった。

CCS

次に来られるのはいつだろう・・・?そう思うとものすごく切なくなった。店主のおばあさんは、「来てもらえただけで幸せ」って
言ってくださった。いいな、もう一度行きたい。今度は「チョコ・キューピット」を食べるんだ。おばあさん、どうか長生きしてね。


CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

CCS

 

CCS

CCS

レモン糖度 98

京都市中京区聚楽廻西町182−3
8時〜19時 火休


沖縄で食べたバレリーナ(画像がまだ残っていてホッ)

CCS

喫茶タンポポのマスター

  • 2013.06.03 Monday
  • 11:46


以前、てまねき羊さんに教えていただいて愛知からこの喫茶店のために前日から近くに宿泊をしてまで訪れた
喫茶タンポポ」。
わざわざ行ってよかったと思えるほど素敵な喫茶店とマスターだった。

その「喫茶タンポポ」が関西のローカル番組「土曜日はダメよ!」で紹介されたのだが、
番組内で「42年喫茶店を続けていてるマスターの一番の宝物はなんですか?」という問題が出されたそうなのだが、
なんとその宝物に私の送ったポストカードを紹介してくださったのである!

関西ローカルなので、愛知に住む私は見ることのできない番組なのだが、たまたまこの番組を見ていた
レモンのブローチをくださったBCyukiさんが、「レモン糖さんのことでは?!」と、とっさの判断で携帯でテレビを録画して
くださったのである!しかも、それをyoutubeにアップしてくれて私に送ってくれたのだ。それなので、
途中からの映像ではあるが、嬉しそうなマスターのお顔を拝見できて、しかも自分の思いがマスターに届いたことが
わかってものすごくうれしくなってしまった。

1分少々なので、お時間のある方は見ていただきたい。とってもキュートなマスターを見ることができる。 





ちなみにペナルティのヒデさんは私の貼った切手のことを「タンポポの切手」とおっしゃってくださったのだが、
手元にタンポポの切手がなく、一番近かった福寿草の切手を貼った。本当はタンポポの切手を貼りたかったので、
思いは伝わったと思う。ヒデさんのおかげ、ヒデさんありがとう。



機転を利かせて動画を録り、様々な手間を惜しまず私に送ってくださったBCyukiさんのお気持ちがうれしかった。
さらに別の大阪に住む友人も、この動画には写っていないが、「愛知からわざわざ訪ねてくれた若い女性」という
フレーズを聞いて「レモン糖ちゃんじゃない?」とテレビ画面を写真に撮ってくれて送ってくれたのもすごくうれしかった。
しかも、その子はその番組を見て、おかげで良い一日になったと感想を送ってくれたのだ。



自分の思いをメールや手紙、ブログなどに綴ってきちんとその通りに届くことは奇跡だと思っている。
それでも、自分なりに真摯に綴っているとこうやって時々きちんと届くんだと幸せな気持に。
基本的には「人」が怖くてあんまりつながりとか輪とかを積極的に広げようと思っていないのだが、
時々こうやって自分とかかわった人がつながって幸せを運んでくれると、ああ生きてて良かったな、と心から思える。
大げさかもしれないけれど、この歳になると「対人」の苦労をいろいろと経ているのでしみじみと心に沁みいるのである。

久しぶりに、ほんとうにうれしかったな。マスター、教えてくれたお友だち、ありがとう。


レモン糖度 100

純喫茶翡翠

  • 2013.01.28 Monday
  • 19:48
これだけの規模の純喫茶はそうそうないと思う。少なくとも愛知県にはないんじゃないだろうか?
車で初めて通る道だった。京都は何度も来ているのに通る道はなんだかいつも一緒なんだなあ・・・とこの時知った。
教えてもらわなければ通らない道。

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

とにかく素晴らしい内装なので夢中でシャッターを切った。お店のそこここに置いてある無駄なものを排除して、
完璧な純喫茶へと、戻してあげたい・・そんな風に勝手ながら思ってしまう箇所もありながら、
とにかく素晴らしい喫茶店が現存していた喜びに浸っていた。

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

翡翠

ちょうど夕暮れ前に入り、夜になる頃までいたので、喫茶店の中から見る景色と、
照明が与える景色が刻々と変わるのを堪能できた。うん、この時間に来るのがベストだ。
朝よりも、夕方、日の入り前から日の入りにかけてお店のソファに沈むのがいい。

翡翠

翡翠

レモン糖度 95

平日 8時〜0時/日曜 8時〜21時 無休(12月31日休)

純喫茶翡翠HP→



大きな地図で見る

セリナ

  • 2013.01.26 Saturday
  • 13:37
例えば時間がない時、ここは入らなくてもいいかなとあきらめてしまう喫茶店は、たいてい焦げ茶色の珈琲専門店的喫茶店。
おそらく中も歴史があって素敵だろう、そして珈琲だって美味しいかもしれない、けれども、なんとなく外観だけで
お腹いっぱいになってしまい、入る優先順位が後回しになってしまうことが多い。そして逆に
入りたくなってしまうのはセリナのような喫茶店なのである。看板がすごく好み。オレンジと青と白は好きな組み合わせ。
長野オリンピックでのオランダのスピードスケート選手のユニフォームがオレンジ×紺×白で好きだったのを思い出す。
こちらも教えていただいて、営業時間が分からない中、たどり着くことが出来た。今はなき有楽町のルナだとか、
梅田のKing of kingsだとか、椅子がミッドセンチュリーだとググッとレモン糖度がアップする。

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

関西の方はどうしてこんなに親切なのだろう?話にもオチをちゃんとつけてくれるし、何気ないお話さえ面白い。
サービス精神旺盛だなあと、関西に行く度に出会う人がみな親切だから感動してしまう。
セリナに集う人たちもそうだった。ちょうどルミナリエが始まっており、全く興味がなかったのだが、
せっかくだから行くと良いと、地図を持って来てくださって、常連のお客さまも熱心に行き方を教えてくださった。
これが本当にうれしくて、見に行きたかったのだが、残念ながら予定が合わず、行くことができなかった。

セリナだけで37年、その前のお店も入れると40年近くそのままの内装だそう。
椅子の色とテーブルの上のライターの色、照明、カウンター中の作り付けの棚、天井、飾ってある写真までお洒落だった。

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

セリナ

常連さんのお気に入り、唯一黒いライター。

セリナ

ここは、本当にお洒落なお店だった。

セリナ

レモン糖度 95

 8時〜19時 日休


大きな地図で見る

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM