小倉〜門司港散策

  • 2011.03.08 Tuesday
  • 19:55
JUGEMテーマ:街の散策

年末に北九州の小倉と門司港へ行きました。

先日書いた「雲のうえ」をもらったのもこの旅のときです。

ここ数年で遠かった九州がすごく身近になりつつあります。

同じ日本でも、九州の街や人はどんなふうなんだろう?などと、テレビや雑誌やネットがこんなに普及しているから、そんなにどこも変わらないとはうすうす気づいているものの(笑)、全く未知の土地なので、興味津津でそんな風に思ってしまいます。

まず、小倉駅からモノレールに乗って、2駅目で降りて、ホテルへと向かう道、「旦過市場」という魅力的な入口を見つけました。

小倉

ホテルに荷物を置いて、この旦過市場を通って小倉駅に向かいます。

小倉2

この子持ちイカ、気になって、買ってみたのですが、小さいイカの中にもち米が入っている、あまーい縁起のいい食べ物でした☆

小倉3

小倉4

2階が「OKU」というスナックのようです。かっこいい。

小倉5

小倉6

薔薇族(男性の同性愛者のこと?)の看板。いかがわしいところって、なんでこんなにわくわくするのでしょうか。

小倉7

小倉8

これが、もう駅のすぐそばですからね!この場末の雰囲気よ永遠に。

電車で門司港へむかいました。

門司港

初めて見るタイプの駅のホーム。長ーいです。そして、木の柱。寒ーい寒ーい冬が似合います。

門司港2

うーん。レトロ。

駅の近くにもう素敵そうな喫茶店が(入りませんでしたが)。

門司港3

門司港4

この「とらや」さんはバナナのフリッターが有名だそう(バナナのたたき売りの発祥の地らしい)で、さっそく注文しました。
おいしかった!

門司港6

店内も良い雰囲気。

門司港5

門司港7

ほかにも気になる喫茶店がありました。

門司港8

門司港9

こちらは、閉店している模様。それにしても、平民て。。。

門司港10

気になる路地にも入ってみました。

門司港10

この「放浪記」という喫茶店で「バナ茶」というものを注文したのですが、その正体は・・・
「バナナジュースと抹茶ミルクを割った飲み物」でした!

店内はレトロなものであふれかえっていました。

門司港17

お休みでしたが、2階も気になりました。

また商店街散策に戻ります。

門司港11

気になるようー。(入る勇気はありませんでした)

門司港12

振り返ってみたら、こんな感じ↑

門司港13

門司港14

このあたりの、市場で、ふぐのお刺身を買い(激安!)、お店の方にお醤油をわけていただき(九州のお醤油って甘いのね!)、ホテルでカップ酒とともにいただこうーと決め、ホテルに戻りつつまだまだ散策。

駅の近くの人力車のお兄さんにいただいた地図に書いてあった「レトロな街並み」というあたりへ向かう。

すると、さっそく古い一角を見つけ、その路地を入ってみました。

門司港16

!!!

門司港15

このレリーフは、女性の体!?ということは、もしかして、ここは元「赤線地帯」!?

門司港18

このおうちも凝った造り。

そして!

門司港19

門司港21

出た!タイル建築!タイル建築が赤線地帯特有の特徴というのは知っていたので、間違いないです。
大通りの一本裏に、ひっそりとたたずんでいました。

3軒の元赤線建築を堪能できてうれしかった!今は普通のお宅のようで、この後、ファミリーがこの赤いお宅のチャイムを押して、「こんばんわー」なんて呼んでました。いいな、私もこんな家の住人になりたい。


相変わらず、ぶれていて見にくいですね。。

さらに、古い家並が続きます。

門司港22

門司港23

さらに、適当に歩いていると、角打ちに遭遇。

門司港20

感心して覗いていると、中から手まねきが。そして、このお店の歴史などを語ってくれました。
渋い!渋すぎるよ、北九州!!

そんなこんなで、すっかり北九州の虜になってしまいました。

なぜ、こういう一見淋しそうな、郷愁を誘う街にひかれてしまうのか。

レモン糖度 85

関係ないけれど、私が思う切ない映画ナンバー1と日記にちなんだ映画を選んでみました。

評価:
---
角川エンタテインメント
¥ 3,974
(2008-08-22)
コメント:文学少女の(エッセイの)カリスマ、沢村貞子さんが出ています。赤線建築に興味があったので、見たのですが、そういう欲求は満たされなかった気が。でも、赤線の雰囲気はこんなだったのかな(女のひと達の生活の大変そうなところとか)?というのは少しだけ伝わった。全然エロくないです。

評価:
笠原良三
東宝
¥ 3,974
(2006-05-26)
コメント:出てくる小物や衣装やインテリアがかわいい!そして、衝撃のラスト!私が見た映画の中で最もせつない映画ナンバー1に輝くのが、この「日本一の色男」。見る価値アリ!だまされたと思って見てみて!

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM