喫茶すい星

  • 2017.10.15 Sunday
  • 10:50

数年前に地図で見つけて、その名前に思わず「わっ!」とびっくりして外観を見てまた好みで、胸の高鳴りを抑えながらお店に電話をしたことがあった。

電話の先のお返事は「もうやめたんです」という悲しいものだったのですが。

 

ふと思い出して地図をまた見たら、まだ外観はそのまま、そして「居心地がいい」と書かれてある!まさか復活?と思って家からものすごく遠いのにある日の金曜日訪れたのです。

 

そしたら店先に「金曜日休み」の文字。あきらめきれずにまた次の日にやって来てみたら・・・閉店されているということがわかったのです。(金曜日に近づいて確認すればいいのに不審者に思われたくなくて遠目に確認したのがあだとなった)。

 

でも、「すい星」という名前でこんな素敵な外観で、きっときっと夢みたいな喫茶店だったんじゃないか?という妄想が止まらないので、記念に載せておきたいなって。

 

すい星

 

すい星

 

I ♡ 喫茶すい星

 

レモンレモン糖度 90

 

いまトピに「昭和のスターたちのサロンだった?!ミーハー心がくすぐられる、秘蔵の純喫茶」をアップしました。

喫茶ドラゴン

  • 2017.08.05 Saturday
  • 11:30

かつて土曜日に喫茶巡りをしていたときに出会って、入れないでいた土曜日休みの喫茶ドラゴン。

 

ドラゴン

 

念願叶って入ってみたら、外観から期待した通りの素晴らしい内装でした。

 

ドラゴン

 

半地下コーナー。

 

ドラゴン ドラゴン

 

白いカーテンも水玉模様でかわいい。

 

ドラゴン

 

ドラゴン

 

サイケデリックな柄が素敵なインパクトの棚。

 

ドラゴン

 

なぜドラゴンなのか?父が作ったお店なのでわからない。内装のことも何にも知らない。とママさん。特にドラゴンズファンというわけでもないそう。

 

ドラゴン

 

おすすめのメニューとかありますか?と伺うと、「そんなこと私はよう言わん。お客様が食べたいものがそれがおすすめ」という控えめなご意見。

 

ドラゴン

 

ニコニコ優しい笑顔のマスターとそんな謙虚なママさんが営むドラゴンは今年でなんと51年目。

「最近若い人がみんな写真を撮っていくんだわ」というのも納得の個性的でしびれるお店でした。

 

ドラゴン

 

書体やドラゴンの絵やテントe.t.c.グッズにしたいほど惹かれるポイントだらけ!

 

ドラゴン ドラゴンドラゴン ドラゴン

 

レモンレモン糖度 94

 

喫茶ドラゴン

 

春日井市鳥居松町4丁目193

 

そんなドラゴンのすぐおとなり「電車好きさん&乙女さんにおすすめのノスタルジック喫茶店」を「いまトピ」にアップしました。

 

 

喫茶ドミニカ

  • 2017.08.03 Thursday
  • 20:18

喫茶ドミニカの外観、なんてかわいいの。

 

ドミニカ

 

モーニングタイムにお邪魔したら、常連さんでにぎわっていました。

 

「名古屋弁でごめんね」と笑顔で話しかけてくれる常連さん。

 

シャムネコの絵は誰の作品だろう?オウムの絵にも同じサインが書かれていました。とっても好み。(←フリッツ・ハグという方と判明)

 

ドミニカ

 

トーストか菓子パンか選べるので、菓子パンにしてみました。

 

ドミニカ

 

帰ろうとして、ドミニカ共和国の国旗に気づき写真を撮らせていただく。(絨毯張りの床も好みだったけど撮れず)

 

ドミニカ

 

ママさんのご趣味なのかな?トールペイントがいくつも飾られていました。季節のお花が生き生きとしてる。

 

ドミニカ

 

なぜドミニカなのか、聞きそびれてしまったけれど、私この喫茶店好き!

 

レモンレモン糖度 90

 

愛知県春日井市中央通2丁目13

 

 

8月5日(土)にいまトピを更新予定です。お楽しみに。

マッチのかわいいココロ

  • 2015.06.23 Tuesday
  • 22:18
今日は家族の日、そう決めていた。朝から病院へ行ったり必需品を購入したり。
遅いお昼を食べた後に、私ではなく家族が「やっぱり喫茶店に行きたいね」と言ってくれた。それで、
以前訪れて看板とマッチがかわいく、ママさんお手製の折り紙作品までいただいた「たんぽぽ」の並びにある
「ジュリアン」に行ってみようと、Uターンするために信号を曲がった。
しかしそこで、かわいい看板が目に入り急遽そちらに変更。前置きが長くなったが、大通りから一本入ったところに
「喫茶COCORO」はあったのだ。

色あせた看板は年月を感じさせる。それでも、ローマ字でCOCOROとあるし、お店のデザインからして
そこまで古いわけではなさそう・・そんなことを思いながら入店。中は自然光だけでほんの少し暗め、
ブラウンが基調の店内に年配の男性のお客が数人いらっしゃった。
外観の白とかわいいイラストの看板からは想像がつきにくい雰囲気だった。


ココロ

ココロ

ココロ

ココロ

バナナジュースの器が斜めになっていている。

ココロ

期待を裏切らない看板と同じイラストのマッチで、この日一軒だけ寄った喫茶店でこんなにかわいいものを
見られてすごくうれしかった。

ココロ

「古いふるいマッチだけど」とおっしゃるマスター、みよし市になる以前の西加茂郡三好町の住所が書かれていた。

ココロ

お店で使われている缶も、既製品だとは思うがかわいい絵が描かれてあった。
キュートなマスターがお一人できりもりされていたけれど、もしかしたら奥様や娘さんのご趣味なのかな?
今度訪れたら「ココロ」という名前の由来なども伺ってみたい。

みよし市三好町湯ノ前120


レモン糖度 83
続きを読む >>

珈琲専科ブルーム

  • 2015.06.17 Wednesday
  • 23:08
鍵穴喫茶にまた出合った。
鍵穴というよりはスペードっぽいけれど、とにかく入り口と入り口の両サイドの窓が一体となったデザインの喫茶店に
強く惹かれる。そして遭遇するとちょっとジャンプしてしまうくらいうれしい。。

ブルーム

こういう入り口の喫茶店で座る席は、入り口が見える向きと場所を選ぶ。ちょうどお客は自分一人だけだったので
好きな席に座ることができた。

ブルーム

ブルーム

お店の前が線路で駅に向かう人が左から右へと歩く様子が見える。そんな風景をぼんやりと眺めていたら
右側から赤い名鉄電車がふいにガタンゴトンと通り過ぎて行った。その大きさと迫力にちょっとびっくりしていると
今度は左から白に赤いラインの電車がガタンガタンと通り過ぎた。乗り物にはそれほど興味を持っていないが、
この窓の形のおかげで、すごく奇麗に電車を見ることができ、感動してしまった。店主に伺うと、
5分に1本程度電車が通るとのことだったので、iphoneを構えて撮影を試みた。あまりに見応えがあるので、
電車を眺めるために窓をこういうデザインにされたのかと尋ねると、そうではないとのことだった。
45年ずっと同じ佇まいで、店じまいの支度をしていると話してくださった。
こちらのお店、電車好きのタモリさんにはたまらないんじゃないかな?(玄人はもっと違う見え方の方がいいのかな)
壁には見栄晴氏のサイン色紙やいくつかサイン色紙が飾られてあった。こちらの壁にタモリさんのサインが
飾られる日が来ると、いいな。

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

天井も凝っている。

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム

ブルーム


知多郡武豊町字長尾山101 アオキビル1F

レモン糖度 85

喫茶橋

  • 2015.06.16 Tuesday
  • 12:22
 近づいても営業されているのかどうかわからなかった。
扉を開いて「いいですか?」と尋ねたら「どうぞどうぞ」と迎えてくださった。

橋

橋

波のような壁紙と入り口の真ん中で絞られたカーテン、そして佇まいが好きだった。
45年営業されて、いつ辞めようか・・・と思いながら続けていると仰るママさん。とてもお洒落だったので
そうお伝えすると「とんでもハップン とんでもハップン」という言葉が返ってきた。
私は初めて耳にする言葉に「え?!とんでも?何ておっしゃいました?』と言うと
笑いながら「あら知らない?とんでもハップン」
「ハップン?ハップンてどういう・・・」と言うと
「変なことを言うからみんな笑うのよ」と仰った。

おみやげにお客さんからいただいたという枇杷の実をお裾分けいただいた。
「とんでもはっぷん・・・“ムトウハップのCMの言葉とか?”と、私も時代を感じさせる見当違いな想像をしながら
「トンデモハップントンデモハップン」と呪文のように(心の中で)唱えてお店を出た。

橋

橋

橋

橋

橋

なかなかのラインナップ

橋

橋

知多郡武豊町山ノ神154

レモン糖度 80

続きを読む >>

喫茶昴

  • 2015.06.15 Monday
  • 12:45
宇宙系の名前の喫茶店があれば必ず入る。星座の名前とか星の名前とか。グッズに期待しているだけでなく、
ロマンみたいなものを条件反射的に感じているのだと思う。たぶん。

昴を見つけた時も“やっぱり”星がデザインされているところにときめいた。入ってすぐに目に飛び込んで来たのは
緑と猫ちゃんだったのだけど。

猫好きの私は迷わず猫<さん>がくつろいでいる席の向かいを選んだ。憧れのペルシャっぽい毛の長い猫<さん>。
女の子だが代々名前は「ケンちゃん」とつけているらしい。私のことをじっと見据えてみたり、素知らぬ顔をしたり。
寄って来るでもなくどちらかというと近寄り難かったので、触れることはせず一緒に緑が気持ちの良い喫茶店を楽しんだ。
もっとも、ケンちゃんは違う気持ちだったと思うけど。

猫のいる喫茶店はけっこうあるけれどこんな風に同じテーブルを挟んで一対一でお茶するのは初めて。
ちょっとした緊張感と癒しが混ざったような感覚で楽しかった。

昴

昴

昴

昴

昴

昴

昴

半田市天王町1丁目50−1

レモン糖度 82

続きを読む >>

喫茶こねこ

  • 2014.07.12 Saturday
  • 23:52
 「喫茶こねこ」もうそれだけで、それだけで。


こねこ


こねこ

階段の右側の壁の絵のタッチを、見たことがあるけれど思い出せないなあ・・と思いながらレスカを飲んで喉を潤した。

こねこ

常連さんのMy CupがずらりのPersonal Boxがある喫茶店はそうそうない。濃いめのピンクの電話も珍しい。

こねこ

こねこ

かわいいかわいいマッチは一生懸命探してくださって、使用済みのをいただいた。

こねこ

こねこ

ほんと、“どうして「喫茶こねこ」という名前にしたのですか?”なんて野暮な質問はできなかった。
「喫茶こねこ」ってだけで、もう完全に好み。


レモン糖度 97



安城市御幸本町16−5




喫茶真珠貝

  • 2014.06.24 Tuesday
  • 13:54
店名と外観に吸い寄せられた。入り口のアコヤ貝のステッカーが誘う〜。村野藤吾も視察に来たとか来ないとか(嘘)。。
お店の外に魅力的なところがたくさんでなかなか中に入ることができない。

真珠貝

真珠貝

看板は台風で壊れ、新しくしたそう。昔の方が凝っていたとおっしゃっていた(確かに「真」の字が違う)。
見てみたかったな。

真珠貝

真珠貝

真珠貝

店内にはインストゥルメンタルのハワイアンが流れ、パラソルがリゾート気分をさらに演出。
お店の中にパラソルが立てられていることに圧迫感を感じないのは、天井が高く、椅子とテーブルが低いからだ。
なんだか天井の模様もアコヤ貝(真珠貝)に見えてしまう。

真珠貝

真珠貝

真珠貝

真珠貝

真珠貝

真珠貝

真珠貝

創業40年くらいで、昔は外の二階に貝のレリーフがあったそう。 

「真珠」ではなくて「真珠貝」という名前にしたのは、昔ご主人が東京へ行かれた時に、お店の外に音楽を流している
喫茶店に入ったそうで、その時に流れていた曲が「真珠貝の歌」。その曲をとても気に入り、店名になさったとのこと。
そして真珠貝さんもまた、同じようにお店の外に音楽を流していたそう。「喫茶真珠貝」だなんて、素敵な名前・・。

「真珠貝の歌」がどんな曲なのか気になり、youtube で検索して聴いてみたところ、聴いたことのある曲だった。
たしかに、良い曲♪聴いていると南国ののんびりとした景色が浮かんで一気に和んでしまう。

期待通りマッチには「真珠貝」。最後の一つをいただいてしまった。

真珠貝

コーヒーには豪華なおつまみがついてくる。ナポリタンも焼きそばも鉄板に乗せられてきた。
立て続けに2回訪れたのだがこれからもこちらの方面に来る際にはまた立ち寄りたい。
それくらい存在を気に入ってしまった。

愛西市町方町十二城51−2

真珠貝


レモン糖度 90

喫茶ふね

  • 2014.06.22 Sunday
  • 08:49
たたずまいを見て入りたいと思った。店内は店名に由来するものがところどころに飾られていた。店主が船好きなのだろうか?
モチーフがはっきりしているもしくは想像できる店名にはちょっとわくわくする。
なぜならグッズ(マッチやナプキンやコースターなど)に期待できるから。いただいたマッチはやっぱり船にまつわるデザイン。

ふね


ふね

ふね

ふね

ふね

ふね

ふね

ふね

マスターやママさん、ある時はお客様なんかとお話するのも好きだが、そっと店主と常連さんの話に耳を傾けたり
必要最小限の挨拶だけで済ますことも好きだ。本当はそっちの方が好きなのかもしれない。

ドキドキしながら喫茶店に入り、わくわくしながらメニューを見て注文した品が運ばれて来るまでの時間、
店構えやインテリア、調度品やお店オリジナルグッズを静かに愛でて、運ばれて来たものを味わう。
その一連の流れが本当に好き。
元来臆病者なので、お店の人と楽しくお話できたらラッキー、毎回言葉を交わすだけでドキドキなのである。

「喫茶ふね」では、前日の雪で大変だったお話をマスターや常連さんが話されているのに耳を傾けた。
そうだ、ふねに訪れたのはそんな寒い季節だったんだ。

とりたてて会話をしなくても、情景ははっきりと思い浮かべられる。好きな雰囲気の喫茶店である。


岩倉市石仏町小山出735


レモン糖度 80

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM