レモン糖の日々「とってお喫茶」連載決定のお知らせ

  • 2016.12.02 Friday
  • 18:26

 

私的重大発表です。

 

 

12月3日(土)11時〜

 

gooサイト「いまトピ」にて爛譽皀鹽の日々【とってお喫茶】連載全10回”が始まります。

 

 

隔週土曜日11時に更新されるので、ぜひのぞいてみてください。

 

 

そして、ツイッターやフェイスブックなどで拡散していただけると、私も私にこの機会をくれた方も喜びます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

こちらから行けると思います→ いまトピ「レモン糖の日々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レモン糖の日々の宝物

  • 2016.11.21 Monday
  • 22:58

インスタグラムで「#レモン糖の日々の宝物」のハッシュタグを覗くと、

文字通りレモン糖の日々の宝物を見られるようにしました。

 

まずは「#レモン糖の良平センセイ」として柳原良平先生のコレクションをアップしています。時間のある時にちょこちょこと。

 

高価なものは買わないので、お小遣いで買えるものを何年もかけて、これからも。だから終わりはないのだけど。。

 

「レモン糖の日々」を好きな人だけフォローしてくださるとうれしいです。

 

@lemonsugar174 です。

日本のかわいい本

  • 2015.04.15 Wednesday
  • 11:41
4月13日発売の「日本のかわいい本」くりくり編集室(編)に12ページにわたって
「とってお喫茶」を紹介させていただきました。

P155に掲載の喫茶店の郵便番号が間違っています。2度指摘し、この目で直ったのを確認させて欲しいと
お願いしたのですが、「責了でお願いします」と言われ、信じていました。大変ショックです。
このお店を私がどれほど大切に思っているか・・悔しくて恐ろしくて泣いてしまいました。
マスターや読者のみなさん、本当に申し訳ございません。

〒558−005ではなく、〒558−0051が正しいです。

実際に本を手にとり、想像以上に色が悪く、自信をもってご協力いただいた喫茶店にお知らせすることができません。
ご協力いただいた喫茶店のみなさまには本当に申し訳ありませんでした。
私は想いを込めて携わりましたが、結果的に伝わらない形となってしまいました。
読者の方には、本では伝わらない「色」をぜひ、訪れて確かめていただきたいです。

しばらく本をじっくりと見る気になれなかったのですが、改めて自分の部分だけじっくりと本を読んだところ、
他にも間違いを見つけました。以下私が最終的に見た原稿と違っている一部です。

P145 下から2行目「すてきー」の音引き「ー」をトルが正しい。自分では一度も音引きの指示をしておりません。

P151 写真の数字ですが、赤色の「2」の位置が、白色の「1」の写真にくるのが正しい。そして白色の「1」をトリ、左隣の写真に白色の「1」をおくのが正しい。

P154 下から2行目「カフェ・バールこうべっこ」は「バール」と「こうべっこ」の間に半角分のスペースが入る「カフェ・バール こうべっこ」が正しいです。


統一表記などは小さいことかもしれませんが、自分がOKを出したものと違うのはありえないことだとおもっています。

また、P152のマッチの中で真っ黒で見えないものがひとつあります。
こちらのマッチがどちらのかお知りになりたい方は、お手数ですが本に掲載されています
編集部へお問い合わせください。


以下の文は、本が手元に届く前に書いたものです。


とても小さな本です。ブログに掲載していない「とってお喫茶」も特別に掲載しております。
手にとっていただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。


*****************************************

ブログに紹介している喫茶店すべてが私の「とってお喫茶」であり、掲載していなくても大好きなところが
実はまだあります。
今回、本のテーマにあった「とってお喫茶」を編集者の方のリクエストや私のリクエストから選ばせていただき
全てのお店の方に掲載を快諾いただけてとても感謝しています。中には「あなただから」とおっしゃってくださる
お店もあり感激(涙)。

閉店が予定されている喫茶店も紹介させていただいています。お店の方からは記念になると喜んでいただけて
嬉しかったです。

自分の本ではないので、いろいろと難しい部分もありましたが、初めて「とってお喫茶」が紙面で見られて
私に声をかけてくださった編集者の方にとても感謝しています。
また、マッチや情報交換をしている喫茶仲間や「レモン糖の日々」読者のおかげでがんばることができました。
いつもありがとうございます!


*****************************************

◉補足


私がやらせていただいたのは、取材&取材交渉・写真提供・文章のみです。
それ以外は編集者さんがしてくださいました。

マッチなどの決定(どちらの面を掲載するかなども)編集者の方がされました。
紙質や全体のバランスを見て選んでくださったそうです。紙質により色がわかりにくいものがあるそうで、
喫茶店も含めそういった経緯から小さい写真になったり、使われなかったりするものがあったそう。

ちなみにP143の美女は私ではありません。この本のストーリーテラーとして一ツ木香織さんがモデルをされています♡

























評価:


---


二見書房




¥ 1,728



(2015-04-13)



コメント:レモン糖の日々の「とってお喫茶」が掲載されいますが、色が悪くショックを隠しきれません。実際に訪れたら素晴らしい“色”を見ることができますので、訪れる日までのお楽しみにしてください(涙)





















マチボン

  • 2015.03.27 Friday
  • 13:42
3月25日発売の「マチボンvol.4」になんと1ページいただけて、自分の撮った写真と文章が掲載されております。

私のページはともかくとして、私にこんな有り難いお話をくださった水本アキラさんのページが面白く、
愛媛の喫茶店特集でとっても充実した内容の本です。

vol.2の「食堂特集」が手元にあるのですが、その本を持って愛媛へ行きたいくらい魅力的な内容でした。
サイズも小さく、軽い本です。どうぞ喫茶店特集と共に本を携えて愛媛へおでかけになってみてください。



評価:
---
エス・ピー・シー
¥ 994
(2015-03-25)
コメント:どの喫茶店も世界にひとつの喫茶店。「この喫茶店」のために旅に出たっていいじゃない。喫茶店に行くついでに伊丹十三記念館や道後温泉などを観光したりして。ただの紹介に終わらず、読み物としても楽しめる。旅にも邪魔にならないサイズと軽さ!喫茶店好きにはたまらない一冊。

評価:
---
エス・ピー・シー
¥ 950
(2014-02-25)
コメント:愛媛の選りすぐりの食堂が紹介されている。「食堂」のために旅に出る?!でも、わざわざこの食堂のために愛媛に行ってみたくなるほど魅力的なお店ばかり。食いしん坊必見の一冊。

喫茶店にまつわるえとせとら

  • 2013.11.07 Thursday
  • 09:51
友人の運営するサイト「Michi-Kusa」に寄稿しました。「喫茶店にまつわるえとせとら」・・
喫茶店にまつわることならなんでもOKとのことで、ちょうど「レモン糖の日々」がスローペースになるにあたって、
記念に何か作りたいなと夏に考えていました。それで、私の心の中にいつもある喫茶店「CA」について形にしたいと
文章だけは考えていたものの、使いたい写真が行方不明。ネガさえも。
そのまま保留になっていたところへこのお話をいただき、これは「CA」について書くしかないと思い、
寄稿させていただきました。

「CA」。野際陽子さんがNHKのアナウンサーだった時代(1958年〜1962年)に度々訪ねて来てくれたと
誇らし気にお話ししてくださったマスター。
初めてお店の扉を開いた時の感動は忘れられない。訪れる度に夢見心地にさせてくれた「CA」について
こういう形で記せたことを幸せに思います。

「Michi-Kusa」→


「Michi-kusa」のコンセプトも素敵。サイトやイベントもおすすめです。


コーヒーとおともだち

  • 2013.11.04 Monday
  • 14:03

お久しぶりです。なんて言って、「お久しぶり」と思ってくださる方いるのかな(笑)

8月以来、外出もままならない日々が続いています。それでもちょこちょことお誘いをいただいて、
家に居ながらにして楽しいコトに参加させていただいています。



***お知らせ***

友人の作っている冊子「コーヒーとおともだち」のvol2に、マッチコレクションを寄稿しました。
条件は「愛知県の喫茶店」「デザインが好きなもの」「5つ」。とってもとっても悩みましたがなんとか選出。

京都の恵文社でオンライン通販、その他カフェや喫茶店でも取り扱っているようです。
愛知県では名古屋の大好きなカフェmilouでも扱っているみたいですが数に限りがあるのでお早めに。
詳しくはコーヒーとおともだちHPへ→
全ページカラーで、タイトル通り「コーヒーとおともだち」が様々な人によって紹介されていたり、
主に関西のモーニングやお店の情報、旅先でのコーヒーにまつわるえとせとらがつまった、
コーヒーと共に一息つくのにぴったりの内容です。是非、お手にとっていただけたらうれしいです。
Vol.2は名古屋特集!



おともだち

**おまけ**

私のお気に入りのコーヒーとおともだち

珈琲と

「オリーブ少女と呼ばれて」展へ行こう!

  • 2012.08.08 Wednesday
  • 21:45
8月2日からスタートした「オリーブ少女と呼ばれて」展に愛知県から日帰りで行ってきました。

主催の3人さんと合流して、「オリーブ少女と呼ばれて」展の前に3人のおススメスポットを案内していただきました!

新大阪駅でKBKさんと待ち合わせ。

阪急一日乗車券(1200円)を購入し、目的地の「新開地駅」を目指します。途中「十三駅」からてまねき羊さんが合流し、
新開地駅でchiaさんと合流して4人で散策開始!

まずは、ずっと行ってみたかった「純喫茶 ニッポン」に連れて行っていただきました。
90年代前半に私はオリーブ片手に新開地の「エデン」には来たことがあったけれど、臆病ものだったので周辺を
散策することは当時しませんでした。「純喫茶 ニッポン」はその「エデン」の割と近くの路地を入ったところにあるのです。
神戸に住む知り合いがこの「純喫茶 ニッポン」の看板の画像をアップしていたのを数年前に見て、
ものすごく行ってみたいと思ったのがきっかけ。その看板がこちら。

ニッポン4


ニッポン5 ニッポン3

外観だけで、もう満足してしまう、そんな喫茶店。
ミックスジュースもおいしくて、マッチもかわいい。ちょうどオリンピックなので、このマッチ、タイムリーだわ!

神戸18

続いてはKBKさんてまねき羊さんがおススメする"かわいいパッケージ”のお店へ。

新開地7

こちらのパン屋「大和家」さんは、愛知県豊橋市にある「ボン千賀」さんのパッケージのようにのんびりとした可愛いデザイン。
この日はてまねき羊さんおすすめのパッケージのパンは売っていませんでしたが、「白あんパン」を購入。

神戸20

そしてお隣の「福進堂総本店」さんでは、KBKさん曰く「アラ!」風のパッケージが好みで・・・という「パリ」「ポリ」を、購入。
KBKさんが可愛いと思うお菓子は私も可愛いと思う、そう確信を持ちました。



駅をはさんで反対側にある、てまねき羊さんKBKさんおススメの喫茶店へ連れて行っていただきました。


食事や珈琲が美味しいという「茶房 小町」。看板の書体がイイ。店内には切り絵が飾られていますが、
中でもこのネコの切り絵の愛らしいこと!カウンターの中の調理スペースだけ夜の雰囲気でお洒落でした。




不思議だったのが途中で「ピンポンピンポン」と玄関のチャイムのような?クイズの正解の音のようなものがずっと鳴って
いたところ。ママさんが独り言のように、「激しく鳴っております」と言っていたのがおかしくて、笑ってしまいました。
あれはなんだったのでしょう?

つづいては、以前てまねき羊さんが写真をアップしていて、ぜひとも行きたいと思った「喫茶 スワン」。
店主さまの都合でこの日はすでに閉店していたのですが、電気が点いていたので思い切って声をかけさせていただき、
中の写真だけを撮らせていただきました。

スワン

スワンにちなんだ白鳥の置物が飾ってあったり、カウンター横のアールの線、東郷青児の絵、照明・・・
清潔感もあって、とっても素敵な喫茶店でした。この喫茶店に入るためにまた新開地駅に来たいと思ったほど。

「喫茶 スワン」と「茶房 小町」の間くらいにある不思議な建物「ミナエン商店街」。

ニッポン7

光線

入口すぐには映画館があって、銀座のシネパトスの雰囲気にとっても良く似ています。少しドキドキしながら中に入りました。

光線2

まさかこの奥に素敵喫茶があるなんて、全く想像もつきません。

この建物をつきあたりまで行くと「喫茶 光線」がありました。

光線6

「光線」・・・名古屋のテレビ塔から以前は夜に光線が放たれて街を彩っていました。
光線というと、なんというか80年代の夜の憧れというイメージが浮かびます。なぜ、「光線」という名前にしたのか
聞けばよかったなと思い、普段ならそのままにしてしまいますが、本当に気になったので電話をして聞いてみました。
すると、特に意味はないそう。「言葉の持つ雰囲気ですか?」と尋ねると「そうです」っておっしゃってました。
なるほど、それで「光線」を選ぶとはなんか、すごくかっこいいな。店内は照明がオレンジで絨毯がグリーン。
まるでネオンみたいな配色。そして看板のスピード感のあるデザイン。マッチのデザインも好み。
このビルではミステリアスな事件もあったとかで、そんなことも付加価値に感じてしまう、そんな怪しい建物でした。

新開地4

振り返ってみると、なんと公園の下が先ほど歩いてきた商店街だったのです!(行ってみてのお楽しみ)

新開地5

新開地には他にも気になる喫茶店がありましたが、それはまたの機会に絶対!


新開地3

私たちは、神戸に行ったらSATOVINYLさんと壱番舘さんに行きたいという、私のリクエストにより、「西元町駅」で降り、


元町駅方面へ歩き五丁目にあるSATOVINYLさんに向かいます。道中には気になる建物や喫茶店も多数。




神戸8

ドイツから輸入しているという雑貨屋さん「Der Kleine Laden」でおみやげを買いました。



以前レモンと実験かおりさんにいただいたかわいいペーパーも発見!
神戸って商店街でもやっぱり異国情緒を感じてしまうわぁ。

薔薇の型押しがかわいいコースター

神戸27

ネコと傘という大好きなモチーフのチャーム。後ろ姿もかわいいの。

神戸25  神戸26

喫茶MARUO」でみんながおススメするまるごとりんごを使ったアップルパイ「ナポレオン」を購入。

神戸21  神戸33

残念ながら日曜日はSATOVINYLさんはお休み。(HPでは水休のようです)

神戸2

でも壱番舘は営業されていました。

神戸9

送料を考えると、せっかくお店に来たのだし!とプラスチックの赤のりんごも購入。

神戸31

セールになっていた缶のかわいいゼリィ。

神戸29

一粒売りのチョコレート。

神戸32

HPで気になっていた星型のケースのかわいいチョコレートも購入。

神戸30

1枚50円で購入できる組み立てるとりんごやいちごになる包装紙を購入。

神戸36  神戸35

数々のおみやげを購入していざmanonさんへ!

三宮駅」から電車で10分くらいで「西宮北口駅」に到着。駅からあるいて3分くらいのところの一見見過ごしてしまいそうな
白いビルの2階にmanonさんはありました。扉をあけると、可愛いものがいっぱいの雑貨屋さん。
入って右側のスペースに「オリーブ少女と呼ばれて展」が開催されていました。

神戸17

想像以上に凝った展示。いろんな人の思いやアイデアが詰まっていて、素晴らしい。
私がオリーブを読んでいた時期は93年以降。展示内容は80年代後半から90年代前半がメインという印象を受けました。
だから私にはとっても新鮮に映るのです。きっと訪れた人それぞれ違った印象を持つんだろうなあと思います。
展示スペースは大盛況。この日は舞い上がって写真を撮るのに必死でしたので、できることならもう一度行って
じっくりと読んだり見たりしたい(笑)あんまり写真を載せてしまうと、これから行く人の楽しみを奪うことになるので、
少しだけアップしますね。

神戸10

なんと、この紙コップでできた髪飾りを試着して写真撮影をすると、まるでオリーブの表紙のような写真ができあがる!
という楽しい企画も☆もちろん私もこの素晴らしい髪飾りを制作したてまねき羊さんと一緒に撮影しました!楽しかった!!!


懐かしのオリーブを読める&買えるのもうれしいし、展示が細部まで凝っているので、じっくり堪能できます。
きっと何かしら懐かしい気持ちを思い出させてくれるアイテムがあると思います!


神戸16  神戸12

今回の「オリーブ少女と呼ばれて」展の思い出に購入したおみやげ。
HIKEさんのお菓子とてまねき羊さんお手製のミニミニ紙袋!そして、DMの文字なしバージョン!

神戸28


10時半に待ち合わせをしてmanonに着いたのが14時半くらい。

例えばこんなコースで神戸を堪能してみてはいかがでしょう?

まとめ↓

新開地駅:純喫茶ニッポン→大和家(パン)→福進堂総本店(和菓子屋)→茶房小町(ランチ)→喫茶スワン→喫茶光線
西元町駅:「Der Kleine Laden」(ドイツ輸入雑貨)→SATOVINYL→喫茶MARUO→壱番舘
西宮北口駅:manon

愛知から日帰りで十分楽しめました!

レモン糖度 100!



追伸

さすが「おかんアート」名付け親の地、おかん作のこんなかわいいおみやげ買いました!

神戸24

オリーブ少女魂

  • 2012.07.05 Thursday
  • 11:21
田舎に暮らしていると、手紙が届くのがことさらうれしい。しかも、主婦として忙しくしていると、友達にもなかなか会えない。
そんなときに手紙やちょっとしたお土産が届くと、家にいながら楽しい気分をおすそわけしてもらえて幸せになれる。
自分が外出したときにも、この間くださった方にこれを送りたい、というものを見つけられると送る楽しみを思って、
楽しさ倍増なのである。

お返しのつもりが、またお返しがきて、の繰り返しで楽しい文通ライフが続いているのですが、
またまたぐっとくるものをいただいてしまいました。

レモンと実験かおりさんから、神戸の老舗ビニール店「SATO VINYL」のビニールポーチ☆レモン色

お店の紙袋もすごくかわいい!白い小花と黄色がレトロで超好み封筒やはがきを持ち歩くケースとして使いたいな*
神戸に行ったら私も「SATO VINYL」さんに行ってみたい!

オリーブ魂

オリーブ魂2


カバコさんからは、なんとジュリーのレコードジャケットをA4サイズのファイルに加工したもの!!
ちょうど、ツイッターで「私のジュリーであるトモ・シャガー」について語っていたときに届いたのでものすごくタイムリーでした。
これは、骨董市(手作り市)で購入したそう。
なんておもしろい商品を作っている方がいるんだろう(笑)それを、みつけて送ってくださるカバコさん!私は幸せです

オリーブ魂3

オリーブ魂5


他にもかおりさんには、クッキーやかわいいお手紙、カバコさんにはザ・タイガースの7インチレコードやお手紙も一緒に送ってくださいました。

こういうかわいいもの&面白いものを見つける能力、それはオリーブ少女であった証拠でしょう。。。

そんなオリーブ少女なお二人が関わる楽しそうなイベントがあります☆
それが、こちら!

「オリーブ少女と呼ばれて」

きっと「レモン糖の日々」に訪れてくださる方は男女問わず、年齢問わず、「オリーブ少女魂」を持っていらっしゃるはず。
それは、オリーブを読んだことがなくても、数回しか買ったことがなくても、生まれ持った「オリーブ少女魂」というのも
存在すると思うのです。稀にいつから読んだか、読んだ期間の長さ、というのを「オリーブ少女」の基準にする人がいますが、
私は「オリーブ」のエッセンスをもともと持っている人もいる、と思うのです。
「レモン糖の日々」を応援してくださるような稀有な人はおそらく、「オリーブ」のセンスや嗜好を生まれもってもっているか、
自然と身につけているか、オリーブを読んで身につけた人にちがいないのです!だから、とってもおすすめのイベントです!
 

そして恥ずかしながら、私も参加させていただきます。作家でもアーティストでもない私ですが、「オリーブ少女」でした。
これは、紛れもなく・・・
だから、ごく普通のオリーブ少女だった一人として、楽しんで参加しますね!応援よろしくお願いします。
お近くの方はぜひともふらっと訪れてみてください!


それにしても、谷口真由美さんのイラストとペパロンさんデザインによるDM・・・可愛い!
京阪神を中心としたオリーバー(小沢健二命名の男子も対象とするオリーブ少女魂を持つ人などを指す名称)なショップに
7月中旬から配布予定だそう。是非、手にとってくださいね!


7月16日「オリーブ少女と呼ばれて」特設ブログに寄稿させていただきました

「レモン糖の日々」がいよいよ書籍化!?

  • 2012.04.26 Thursday
  • 15:16
4月27日(金)・28(土)・29(日)浅草で開催される「スタンプショウ」、
切手好きはもちろんのこと、風景印を集めている人にとっては、この日にしか押すことのできない限定の風景印を
押せたりとか、みうらじゅん×泉麻人氏のトークショウがあったりなど、盛りだくさんの内容で毎年大人気のイベント!

なんと、このスタンプショウで、限定の風景印の絵を担当している広井チムニー画伯()による、
「レモン糖の日々」と巡る名古屋喫茶店案内の小冊子が販売されるのです!!!その表紙がこれ!!!

チムニー

一番上でレモンを握っている美女(笑)が私なのです!夢のある描写(実物と違い美人!)で、うれし恥ずかし・・・!

ところで、「あれ?この絵、見たことあるなあ・・・」と思った方、真の「レモン糖の日々」読者かもしれません。
そうなんです、それはこちら「ファンレター?!」参照。


今回特別に中をチラ見せ!お店の特徴をとらえるのが、ほんとうにうまい。
味のあるイラストで、じっくりと見入ってしまいます。

チムニー2

チムニーさんが所属している「おとめーる協会」さんのブースで販売()しているそうです!

切手や風景印にそれほど興味がない人も、開催場所が浅草ですし、楽しいイベントなので、是非訪れてみてくださいね!
そして、できたら、この小冊子を買ってくださったらうれしいです。

名古屋の喫茶店へ行きたくなること間違いなし!!読み応え抜群です!応援よろしくお願いしますー☆

レモン糖度 100


注:書籍化ではなく冊子化です。。。 しかも、400円らしいです(つぶやきで知りました)・・・・。


*27日も28日も「このブログを見て、来ました」と言ってくださって、購入してくださった方が何人かいらっしゃったそうです。すごく嬉しいです。ありがとうございます!冊子で足らない情報はこのブログで補って、ぜひ、名古屋喫茶店めぐり(日曜日営業のみ掲載)をしてみていただけたらうれしいです。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM