喫茶すい星

  • 2017.10.15 Sunday
  • 10:50

数年前に地図で見つけて、その名前に思わず「わっ!」とびっくりして外観を見てまた好みで、胸の高鳴りを抑えながらお店に電話をしたことがあった。

電話の先のお返事は「もうやめたんです」という悲しいものだったのですが。

 

ふと思い出して地図をまた見たら、まだ外観はそのまま、そして「居心地がいい」と書かれてある!まさか復活?と思って家からものすごく遠いのにある日の金曜日訪れたのです。

 

そしたら店先に「金曜日休み」の文字。あきらめきれずにまた次の日にやって来てみたら・・・閉店されているということがわかったのです。(金曜日に近づいて確認すればいいのに不審者に思われたくなくて遠目に確認したのがあだとなった)。

 

でも、「すい星」という名前でこんな素敵な外観で、きっときっと夢みたいな喫茶店だったんじゃないか?という妄想が止まらないので、記念に載せておきたいなって。

 

すい星

 

すい星

 

I ♡ 喫茶すい星

 

レモンレモン糖度 90

 

いまトピに「昭和のスターたちのサロンだった?!ミーハー心がくすぐられる、秘蔵の純喫茶」をアップしました。

喫茶ヨコイ

  • 2016.01.24 Sunday
  • 22:11
 もうすぐまた喫茶店に行けない日々が始まりそうなので、気になったままの喫茶店をいくつか厳選して巡ろうと出かけた日。
お目当ての喫茶店から喫茶店へ向かう途中に出会ってしまった。それは、私の感覚的表現だと「男性的佇まい」だった。
パッと目に飛び込んで来た看板の書体とウインドーシールとさりげなさに、好みの喫茶店の予感がしてUターン。
予感は的中だった。・・まだまだ素敵な喫茶店は世の中にこうやってさりげなく存在するのだと改めて確信。
ああ、こういう出会いがあるから喫茶パトロールはやめられない。。


カウンター上の照明やオリジナルカップがずらりと並べられた様子、マッチのデザイン。
入ってすぐに写真を撮らせてほしい気持ちをお伝えしてしまった。
快諾していただいたけれど、私は基本的にお客様やお店の方が写らないように撮影をするので、
全体像や、カウンターに並んだ椅子の様子など記録しておきたいな・・と思う全てを切り取ることはできなかったのだが、
それでも充分カッコ良さが伝わると思う。


ヨコイ

ヨコイ

ヨコイ

ヨコイ



建築事務所のビルだからこんなに素敵なデザインなのですか?と尋ねると関係ないよと仰っていらした。
46年内装を変えていらっしゃらないとのことにまた感動・・

しばらくするとお昼の時間でお客様がどっといらしたので私は静かに珈琲を楽しんだ。

営業時間は6時半からお昼頃まで。
こんなさりげなくも素敵な喫茶店がもう少し近くにあったなら、私は本当に通うのに。。。と、またいつかの再訪を心に誓った。


レモン糖度 96


南区呼読1丁目19−13

喫茶百<閉店>

  • 2016.01.15 Friday
  • 21:37

最初に訪れたのは、ピンク色の花が満開の季節。あいにく営業時間外のようで、でも「百」という漢字一文字の名前と、

そのかわいらしいピンク色の花の咲く佇まいが忘れられないでいた。また必ず訪れたい、そう思い続けて1年以上?

ようやく伺うことができた。

 

百

 

こぢんまりとしたお店かな?と想像していたのだが、お店の中心にもう一部屋あるかのようなデザインで、

とっても広く感じる。隣り合ったお客さん同士の目線が気にならないような工夫がされていて、個室感が味わえそう。

 

百

 

百

 

お昼時だったので、卵サンドとホットミルクを注文。この卵サンドがものすごく美味しかった。フワフワのパンに

半熟卵とキュウリの食感。そしてマヨネーズの味。このボリュームで400円はとってもお得だなあと大満足。

そして、お店に唯一残るという店名入りのカップで出していただいたことに感激した。

 

百

 

「喫茶千」はあるけれど「喫茶百」は初めてだなあと名前の由来を尋ねると、「もも」と読むとのこと。

数字の百ではなかったのだ。漢字一文字のお店はその潔さからか心に残りやすい。「百」と書かれたカップもなんだかすごく洗練されている。

 

一番現代感のなかった一角。

 

百 百

 

インテリアもさることながら、味とおもてなしも心地よくて、次は家族と一緒に訪れたいと強く思った。

 

百 百

 

百 百

 

百

 

百

 

百

 

百

 

レモン糖度 90

 

創業40年くらい。

南区寺崎町9−16

喫茶サン・ボア

  • 2015.12.01 Tuesday
  • 16:53
古くからの問屋街やオフィス街には街の営みと同じように歴史のある喫茶店がある。
そういう喫茶店はたいてい平日のみ営業が多いので、その街で働いている人でないとなかなか訪れることができない。
もちろん、それでいいわけで、わざわざ休日に喫茶店のためだけに訪れたりしないのが普通だと思う。
でも、観光地にある喫茶店も好きだけれど、オフィス街にある喫茶店には働く人のオアシスになろうとする
インテリアだったりメニューだったりとまた違った魅力があるのである。

サン・ボアに出会ったときはその外観からときめいた。広々とした店内はゆっくりと打ち合わせができそうだし、
都会のオアシスといった風情の石の壁と観葉植物が目を引いた。店主のお人柄もとても明るく、すごく居心地が良かった。

サンボア

サンボア

サンボア

サンボア



このエリアは本当にたくさん喫茶店があるけれど、またサン・ボアにきっと足が向かってしまうと思う。




レモン糖度 90


この地で40年以上
中区丸の内1丁目9−24

喫茶東京

  • 2015.05.08 Friday
  • 22:44
 昨年初めて訪れた岡山で、出合ったものの休業日で外観だけ写真に収めた。
その後、友人が店内の写真をアップしているのを見て、絶対に行きたいなあいつか・・と思っていた。
そしたらなんと4月いっぱいで閉店するというではないか。。。ダメもとで主人に相談してみる(3月の時点で)と
ちょうど岡山の友人と会いたいと思っていたとのことで、急遽岡山行きが決まった。
いつもは日祝休の「東京」も閉店を間近に控え、祝日も営業されていたので有り難かった。

「一階の席がゆったりと使えます」とご案内いただいたが、2階へ通していただいた。
2階は閉店を惜しむお客さんで賑わっていた。忙しいはずの店員さんや店長さんの接客は丁寧で、
きっとどんなときも気持ちの良い接客で多くの人に愛されていただろうなあと感じた。

東京

東京

東京

東京

東京

東京

東京

東京

東京

東京

ホットケーキは一から焼くタイプ、朝の4時すぎに愛知を出発してモーニングに間に合った。

東京

東京

東京

撮影の許可をとると「自由に写していいですよ、一階もどうぞご自由に」と言ってくださった。

インテリアもさることながら、心地よいクラシック、接客、味、どれをとっても感じが良かった。
1度でも訪れることができて嬉しいが、1度しか訪れることができなかったのをもったいなく思う。
この町から「喫茶東京」がなくなってしまうのは常連さんにとってとても寂しいことだろう。
・・ああまたひとつ名店が町から消えてしまうんだなあ。
それでもたしかにここに「喫茶東京」があったことを胸に刻んでおきたい。

東京

東京

東京

東京



レモン糖度 99

岡山県岡山市北区田町1丁目13−15

2015年4月30日閉店

喫茶花 <閉店>

  • 2015.02.21 Saturday
  • 23:20

 一年前だったかな?閉店時間に訪れて、またの再訪を心に誓ったのは。。その心の声をここに記した(→)のを

覚えている人はいるだろうか?

 

訪れてみたら、想像以上に素敵な喫茶店だった。まず、壁が石でできているところ。

最も好きな喫茶店が「ストーン」であるためか、なかなかお目にかからない“壁の素材が石”である喫茶店が好きだ。

「喫茶花」の壁は、石で竹や竹の子を描いてあるのである。

 

花

 

花

 

花

 

無数の丸格子の仕切りや、オリジナル灰皿、目隠しをしてあるが奥の壁も相当カッコいい。

ああ、もっとここは知られてもいいんじゃないかな?重ねて言うがすごくカッコいい内装だ。

 

カウンター後ろの棚には、今はもう飾りとして置いてあるだけという、厚みのあるグラスや

装飾が素敵な

アイスクリームの器。これらの器が大活躍していた時代に訪れてみたかった。

オリジナルの棚というところもしびれる。

 

こちらも地元の方で大にぎわいのモーニング。大垣は遠いけれど、こちらにもまた是非訪れたいと思っている。

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

花

 

大垣市竹島町21

 

レモン糖度 97

喫茶PEARL<閉店>

  • 2015.01.11 Sunday
  • 16:14

 お店の窓のミルクコーヒー色をした「COFFEEPEARL」の文字に惹かれて入った。

 

パール

 

こぢんまりとした店内は冬の日だまりで床がピカピカと光って、あたたかい雰囲気だった。

テーブルに置かれたマッチと壁に飾られた刺繍の絵が同じだと気づいたのは、アップルサイダーを半分以上飲んで

ホッと一息ついてしばらく経ってから。

常連さんがマッチを見ながら作ってプレゼントしてくれたそう。マッチは黒一色だけど、

お客さん作の刺繍はカラーで仕上げてある。可愛い。

 

私たちが訪れた時にも、また別の常連さんから何か手作りのものをもらってらした。

きっと何かプレゼントしたくなるママさんなんだな。

 

このマッチと刺繍を見られただけで、ここへ来てよかったと思った。

 

パール

 

パール

 

パール

 

パール

 

パール

 

中川区西中島2丁目510

 

レモン糖度 90

最初で最後のグラナダ

  • 2014.12.24 Wednesday
  • 00:14
地図で外観を知ったとき、「絶対に行く」とメモをしたのにも関わらず、その膨大な自分のメモに
数年もの間埋もれてしまっていた喫茶店。思い出してこの夏頃から何度も伺うも営業時間に当たらず、
どうしても閉店しているようには見えなかったので、グラナダのわりと近くに住む友人にお願いして
平日の午前中と夕方に見に行ってもらったりもした。にも関わらず、開いていない。
それでもどうしても営業しているような気がして最後の最後ダメもとで向かったのだ。すると、
グラナダの駐車場と思われる場所におじさんがいらっしゃる!勇気を出して声をかけてみると、
この建物の大家さんとのこと。大家さんによるとなんとこの11月に閉店をしたというのである!なんてこと。。。
またやってしまった。ものすごくショックで車に戻ると、主人が「大家さんに頼んで中を見せていただいたら?」
と提案してきた。うわ、見たい、でもそんなずうずうしいこと頼めない・・・ともじもじしていたら
私のかわりに交渉してくれたのである。すると気さくな大家さんはマスターのおうちへ案内してくださり、
間をとりもってくださったのだ。

マスターは背が高くてものすごく素敵な方。そんなマスターのご家族と私たちが似ていたと仰る大家さん(!)。
不思議なご縁で、お話も弾んだ。

せっかく撮らせていただけるというのによりによってデジカメを忘れてしまい、
さらにiphoneのパノラマ機能を使いこなせず、撮ったつもりが撮れていなかったという悲しい現実ではあったが、
閉店されたのに店内を見せていただけるという奇跡。何度も通って願いが叶った奇跡で、
私には間を快くとりもってくださった大家さんがサンタさんに見えた。ああ!最高のクリスマスプレゼント!

川沿いというロケーションも抜群だが、店内は想像以上に素晴らしかった。
もしどこぞの出版社が“10ページあげるからレモン糖の日々おすすめ喫茶店を紹介して欲しい”なんて言ってきてくれたら、
絶対にグラナダを紹介しただろう。

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

グラナダ

閉店されたという事実をなかなか受け入れることができない。なんとかして保存できないだろうか?
創業40年。素敵な店内に素敵なマスターと大家さんのいらっしゃるグラナダ、誰かなんとかしてくれないかな!!!

レモン糖度 98




***********************************


iphoneのアップロードを(数年ぶりに)したら、iphoneの都合でgoogleマップではなく違うマップに変わってしまい、
私の数年溜め込んだ膨大な喫茶店情報が全て消えてしまったという今年最も悲しいできごとがつい最近あった。
さらに、新しいバージョンのgoogleマップは以前よりも使いにくいし、わかりやすかったブックマーク機能も
なくなっている。これからまた一から喫茶店を探して行くのはとても大変だが、めげずにがんばって行こうと思う。
たとえ有名ライターさんの情報ソースとして使われてしまうだけのブログであっても、
自分の足で見つける喜びを味わうために続けたい。そして密かに応援してくださる方が想像以上に多いと知り、
励みになっている。

2014年もありがとうございました。どうぞ来年もよろしくお願いします。

レモン糖の日々

喫茶いこい

  • 2014.10.26 Sunday
  • 00:02
地図で見つけたり、通りすがりで見つけておいてiphoneにメモをしておいた膨大な喫茶店たちに、
ぽつりぽつりとまた行き始めている。なかなか思うように行けないし、行ってみてお休みだったり
閉店していたりと一喜一憂のドライブ。

「喫茶いこい」も、一度目の訪問は営業時間外だったので再訪。
地図で外観を見たときから、ここは「レモン糖の日々」に綴ることになりそうな予感がした。そして、うれしい的中。
看板の書体と色にすごく惹かれた。

いこい

いこい

いこい

いこい

いこい

土曜日は11時半までの営業でずっとモーニングサービスをやっておられる。
珈琲と一緒に供されたのは半切りの、おおぶりのバタートーストとゆでたまご。
トーストにはテーブルシュガーを薄くふりかけて食べるのが私のお決まり。たぶん幼い頃に、
喫茶店でモーニングを食べるのが日課だった祖父がしていたのを真似してやってみたら美味しくて、
それがきっかけだったように思う。家でトーストを食べる時にはやらないのに、喫茶店では必ず砂糖をまぶして食べるのだ。
そしていこいのトーストも、美味しかった。

マスターが一人で切り盛りするには広すぎる店内だが、全盛期は向かいにあるNTTの社員や近くの団地のお客様で
店内は溢れかえるほどだったそう。

いろいろな大きさの板を正方形のブロックにしたものが敷き詰められた床は、昭和41年の開店からしっかりと
お客を支えてくれている。壁もレンガや石などで造られ、一枚の壁紙ではない。モスグリーンの揃いの椅子も品があり、
とても凝った内装なのだ。

いこい

いこい

いこい

いこい

いこい

最近はNTTの縮小や団地の耐震問題での取り壊しなどで、お客様が激減して寂しいとおっしゃっていた。
お話好きな店主に会いに、また行けたらいいなと思う。

いこい

いこい

名古屋市南区道徳北町2丁目15番7号
7時〜16時 土・祝〜11時半 日休

レモン糖度 87

純喫茶ナポリ

  • 2014.02.06 Thursday
  • 09:35

車の窓からちらりと見えた「純喫茶」の文字。「うわ!すごい、お願い、どうしても入りたい」

またしても私のわがままなお願いだった。しかし、一緒に外観を見た主人もうなってしまうほど、

わざわざ迂回して戻って来て良かったと思える喫茶店だった。・・・出合ってしまった!

 

外観が素敵すぎて、中から外の様子がわからないことも手伝って、夢中でシャッターをきり、

なかなか中に入ることが出来なかった。そして、絶対中も素敵に違いないと確信をもって扉を開いた。

 

ナポリ

 

ナポリ

 

ナポリ

 

ナポリ

 

ナポリ

 

こぢんまりとした店内は、店主の美意識がちりばめられていて、ひといきに私を別世界へと連れていってくれた。

しばらくすると奥から白いベレー帽をお召しになった店主が登場。まさに、このお城にふさわしい

お洒落な女性の店主だった。

 

店内に入ってから、私は鳥肌がたったまま。期待をうらぎらない店主の登場により、その鳥肌の収まりどころがなく・・

結局おいしいカフェオレを半分くらい飲んでしまっても、鳥肌はたったままだった。

 

喫茶店に入っていきなり「写真を撮らせてください」というのはマナー違反だと思っている。

それでも、こちらのお店では禁をおかして撮らせていただいた。最初は不思議そうにしていらっしゃった店主も、

私のこの興奮が伝わって、理解を示してくださったように感じた。

 

天井はアアルトの花瓶のような曲線のくぼみに照明。赤いベルベットの椅子のカバー。

カウンター後ろには、ミスマッチのようにも思えるが圧巻の通行手形みやげの群。

奇麗に磨かれたカップの片隅にアンクルトリス。オレンジと白の丸椅子。窓にはちょこんちょこんと民芸品・・・

 

私の秘密の場所・・・どういう距離感で常連になったらいいのか迷ってしまうけれど、私の大切な喫茶店・・・

そんな風に思った。

 

喫茶ナポリの入ったビルの雰囲気もほんのちょっとアングラテイストで好み。

そのひっそりとした存在感や何から何まで好みで、岐阜で一番好きな喫茶店、そう言ってしまおうと思う。

 

ナポリ

 

ナポリ

 

大垣は水の町と言われていて、酒屋さんがとても多い。お水が美味しいからだろう。

お水が美味しいということはコーヒーも美味しい・・だから、喫茶店もすごく多いのだと思う。

ナポリという店名の由来は水の都からとったそう。数多い喫茶店の中で際立つ存在感だった。

ああ、今日まで生きてて良かった。。大げさじゃなくて。

 

ナポリ

 

店内のお写真はあえてアップせず。入店してのお楽しみ☆

 

 

レモン糖度 99

 

8時頃〜16時頃まで 日休

 

岐阜県大垣市南高橋町2−8

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM