ファンシーゼリーつやま屋のマーブルゼリー

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 22:21

島根県のとある駅前(駅名を失念)のおみやげもの屋さんで出会った。





北九州





そのカラーリングに一目惚れ。小さい頃から紫とピンク、さらに水色とピンク、紫と水色という組み合わせにキュンとくる。



それはたぶんサンリオや魔法の使える魔女っ子たちやファンシー小物の影響だと容易に推測できるのだが。





各袋に白色で「マーブルゼリー」と書かれた様もかわいらしい。味も美味しく素材にもこだわっているみたい。





それで気になって「つやま屋」さんのHPを見てみると、



ぷるり・シリーズ」「ふぁふぁ・シリーズ」というそそられるシリーズ名が!





そこには美味しそうでかわいらしいゼリーたちがいくつも。



「花つみゼリー」「彩ころ果実」「ぷるり・黒ごまくるみ」「ふぁふぁ・フルーツポンチ」「珈琲・ふぁふぁ」「花あわ雪」



ようかん巻お供えのお菓子も気になる。





ちょっとお取り寄せしてみようかな。







レモンレモン糖度 90









マーブルゼリーサイト用140308.jpg


宝石みたいなリキュールボンボン

  • 2012.10.15 Monday
  • 21:40
キャンディを大切にに感じていたのはまず小学生の頃。母が買って来た袋入りのキャンディを家族四人で分け、
自分の分は自分専用の壜に入れて大事にだいじに食べていた。次は高校生の頃、長いながい通学途中で
お腹が減るのを紛らわせるためにいつも持ち歩いていたっけ。大人になってからは、会社の机の中に常にしのばせていて、
仕事中に止めどなくなめたりして、なんだか、お菓子の中で一番私に寄り添ってくれているのは
キャンディかもしれないなあと思う。

キャンディにはもうひとつ思い出が。子どもの頃祖父母にディズニーランドに2度連れて行ってもらったことがある。
そしてその2度とも、必ず祖父が赤ちゃんの顔ほどもある大きなペロペロキャンディを、誰も欲しいと言ってもないのに、
私たち子ども全員に買い与えた。それも入園してわりと早い段階で。。
あんな大きなキャンディは当然最後まで食べ切ることなんてできなくて。。。しかもアトラクションや
園内をまわるのにちょっと邪魔に感じたりしたこともあった。大人になって思い返してみると、
祖父は子どもたちが夢の国で大きな渦巻き状のキャンディを舐める姿を見たかったのではないか?という気がしている。
たしかに、あんな大きなキャンディをペロペロするのは子どもにしかできない特権のように思える。

30代になってからの私に、特別感を味わわせてくれたキャンディはボンボンかもしれない。
以前にも「乙女の秘薬」と題して下町のウヰスキーボンボンを「レモン糖の日々」に記したけれど、
先日東京會舘でふいに出合った「リキュールボンボン」は、下町の光沢のないすべすべとしたボンボンとは違い、
表面がザラザラとして、キラキラと輝く小さな宝石のようなボンボンだった。

ボンボン12  ボンボン11
ボンボン3

白いボンボンを口に含んでみると、薔薇のような芳香が口に広がる・・ニッキのような味でもあるかな?
グリーンはミント、ピンクは白と同じ味?茶色は珈琲みたい?
私は白いボンボンの味と芳香の虜になってしまいそうだった。

東京會舘のHPを見てみると、週に20箱の限定の商品と記してある。
一つひとつパティシエの手作りとのことなので手間がかかるのだろう。

ホワイトデーにこの「リキュールボンボン」をいただいたら、間違いなく本命のお返しなのでは?

こんなキラキラとしたキャンディを私も孫に買ってあげてみたい。

好きな食べ物は「綿菓子と金平糖」そんなロマンチックなことを言うあのコに
「東京會舘のリキュールボンボン」を教えてあげたい。

ボンボン2

ボンボン12

ボンボン11

ボンボン7


レモン糖度 97



今日のおやつ

  • 2011.07.01 Friday
  • 13:44
JUGEMテーマ:スイーツ

今日のおやつは、昨日吉祥寺パルコの地下1階ジュピターで購入したクッキー。

ショートブレッドタイプのクッキー(商品名にはビスケットとありますが私にはそう感じます)は、
なぜかアールグレーと一緒に食べたくなります。

アーティザンビスケット社の「ツーバイツー ナチュラルバニラビスケット

パッケージの裏にこんなことが書かれています。

イギリスで子供たちに語られるお話しをもとにデザインされています。イギリスの有名なエドワード・リアの詩、
ふくろうとねこ」に出てくるふくろうとねこがそのままビスケットになりました。
この詩はふくろうとねこのカップルが船旅の末にたどり着いた島で結婚式を挙げるという幻想的な内容で、
たくさんの言葉遊びが詩にふくまれています。・・・だそう。物語の方も気になります。

クッキー

甘さひかえめ。

クッキー2

8枚入って500円くらい。全部食べてしまいました!

クッキー3

ほかにも3種類(動物は6種類)ほどありましたが、このふたりが一番かわいい!と思いました。
ライオンもかわいかった!

パッケージもかわいいし、箱の紙質も上質だから、プレゼントに添えても喜ばれそう!



 
評価:
---
アーティザン ビスケット
¥ 449
()
コメント:とにかくかわいいパッケージとクッキー。レモンカードが一番おいしそう!

評価:
---
アーティザン ビスケット
¥ 398
()
コメント:ビスケットになったライオンが特にかわいい。

評価:
---
アーティザン ビスケット
¥ 525
()
コメント:うさぎとかめのあの物語!?

心ときめくお菓子

  • 2011.06.22 Wednesday
  • 18:24
JUGEMテーマ:スイーツ

先日日本橋三越へ行った際に、またまたご当地お菓子が集合しているエリアへ足を運びましたよ!

ツイッターにアップした、名古屋のかえるまんじゅうもいてびっくり
(よかったらお気軽に@lemonsugar17をフォローしてくださいね、リフォローは自粛しておりますが・・)

今回出会ってしまったときめきおやつは、これ。

和歌山県の総本家駿河屋の「天の川」。
ショーケースに飾られている姿に一目ぼれ。。。なんて涼やかなの!金箔が星屑なのね☆

天の川2

ゼリーとばかり思い込んでいたので(思い込みが激しい)、ナイフを入れた時の感触が、色気があって(もちっとしていて)
ちょっと驚きました。良く見たら「葛菓子」って書いてあるじゃないですか。。

天の川

パッケージを開けた時から、ラムネの香りがして、色と味の組み合わせもぴったり!自分で作ったガラスのお皿に乗せると、また涼やか。

天の川4

七夕の日に食べたいと思いながらも賞味期限が七夕に届かなかったので、今日食べてしまいました。
黄色い星の部分はいんげん生餡で、ほんのり甘く、葛の食感と甘いながらもさわやかなラムネの風味が合わさって、
夏の訪れを感じさせてくれました。

縁側で麦茶と一緒にいただきたい。そこには風鈴の音が聞こえていて、、、夜を想って、青い空を見上げながら食べるのが私はいいなあと思いました。

HPでは取扱がないみたいでした。。

天の川5

そして、羊羹らしからぬお洒落なパッケージ!宮城県仙台市の白松がモナカ本舗の「白松がミニヨーカン」
古めかしいパッケージも好きですが、こういう新しくても洒落たパッケージなら大歓迎。つい手に取りたくなるデザインです。
でも、全体的に洋な雰囲気に感じますが、実際洋風なのは「La Petite」と書かれたフランス語だけなのです!
オレンジ色のこのイラストも、のしにかかれているアレでしょう?!(違うかな)ス・テ・キ!

他にも、グレーだとか、色のバリエーションも洒落ていました。

ようかん

そして、久しぶりにご対面の秋田県の杉山壽山堂雲平」。
このお菓子は、以前クウネルで、長尾さんが作っている所を訪ねるという特集を見て、「なんだこの愛らしいお菓子は!」と
憧れていましたが、銀座の松屋に行ったときに見つけて、びっくりして買ったことがあります。
どんな味だったのか、忘れてしまったので、再度購入しました。

雲平

黒ゴマの風味が強く、優しい甘さのもちもちとした食感のお菓子。
噛むとしゃりしゃりと粉雪を噛むような音がしますが、それは、スリゴマの食感かしら?
これも、形も味も愛らしいとしか言いようがありません。

渋めのお茶と一緒にいただきたい感じです。

雲平2

そして、ど定番の「からからせんべい」ちょっとした手土産に織り交ぜると、楽しくて喜ばれますよね!
今日は何が出るかな〜!?

カラカラ

ひょっとこ!!!当たりだ!(私的には)。
ひょっとこといえば、島根のどじょうすくいまんじゅうを島根の人にお土産でいただいたときは、衝撃的でした。
ひよこ饅頭のような味なのですが、ああいう種類の中ではダントツに愛すべき存在だと思いました。

カラカラ2

またデパートに行った際には、ご当地おやつのエリアに足を運びたいと思います☆

レモン糖度 90

☆関連記事 銀座で買ったおやつ

 

イブ〜母の香り〜

  • 2011.05.12 Thursday
  • 20:55
JUGEMテーマ:スイーツ



スーパーで売られているのを見て思わず買ってしまった。

その昔母親が良く噛んでいたガム。ロッテのイブ。

当時は箱も高級に見えたし、大人の香りがして、このガムは大人の女性が噛むにふさわしいガムだと思っていた。(実際ほかのガムより少しだけ高かった記憶が)

そして、いつか自分も大人になったら噛むようになるんだなあと、思っていたっけ。

そしたら、いつのまにか廃版になってしまって、その願いも叶わず、、、と思っていた。

それで、先日スーパーで見つけた時は、二個買いしてしまった。

当時のような板ガムではなく、最近主流の粒ガムだし、箱という形態ではなくなっていたけれど、
あの時と同じ大人の香りがした。



レモン糖度 90

廣栄堂本店の「ばら調布」

  • 2011.04.29 Friday
  • 16:37
JUGEMテーマ:おみやげ

主人が、岡山へ用があって行くというので、五味太郎さんのパッケージのきびだんご(おいしいし、かわいいのだけど、岡山といえばそれすぎて)以外のお土産で、私がかわいいと思うのをよろしく!と、「かわいい」と思うものが違う主人には難題を出して見送りました。 

そして、買ってきてくれたのが廣栄堂本店の「ばら調布」。

ばら調布

あら!かわいらしい!

ばら調布2

ばら調布3

薔薇ジャムを練りこんだ求肥を包んだお菓子。甘くて素朴な味がしました!

廣栄堂本店さんは、あのきびだんごのお土産のお店。そして、この「ばら調布」は、季節限定らしく、
ホームページにも紹介されていませんでした。

でも、とっても気になるページが→商品・パッケージ(ニルス)

昭和56年頃のスウェーデンクッキーの缶とマドレーヌの函のデザインがかわいい!レモンケーキも!
白夜もなんか素敵!
今はもう作ってないのでしょうか?

レモンケーキ大好きなのですが、小さい頃食べようとしたら父に「それ石鹸だよ」と言われて以来、食べる前に「石鹸かな?」と無意識に疑う癖がついてしまいました(笑)

廣栄堂本店さんは、150年も続いていらっしゃるとか!やはり、伝統を守りつつ、新しいコンセプトのお菓子を精力的に発売したり、パッケージも替えてきたりと、そういう努力があるからなのでしょう。

旅をしたら、そこでは老舗のお菓子屋さんを覗いて、お土産を買ってみたいものです。

P.S.五味太郎さんを調べたら、「サラヤのシャボネット」のパッケージもなさっているとかで、「サラヤのシャボネット」を調べたら、こんな素敵なページもありました→
やっぱり70年代が好きみたい!私。

レモン糖度 78

銀座で買ったおやつ

  • 2011.04.22 Friday
  • 15:43
JUGEMテーマ:スイーツ

先日銀座へ行った際に、おやつをいくつか買いました。

まず、たちばなのかりんとう。 
愛知県に住んでいる頃から雑誌などで見ていて、有名で、ずっと食べてみたいわーなんて思っていて2年まえにようやく買ったのが最初。オレンジ色の缶は、今は3年番茶入れに使っています。

今回は、袋入りの「さえだ」をひとつ(800円)。たぶん私はお店の方に「こえだをひとつ」と言ったような気がします。。

かりんとう

かりんとう2

さえだ(細い)」と「ころ(太い)」の2種類があるのですが、さえだしかまだ食べたことがありません。
しかし、私が今まで食べたかりんとうで一番おいしい!です。
初めてこのさえだを食べたときに、あまりのおいしさに、一気に一人で食べきってしまった記憶があります。
そして、それ以来かりんとうが食べたくて、スーパーでかりんとうを見つけては(全然味が違っても)買って食べていました。

東京には3大かりんとうとしてあと2店舗ありますが、そのうちの1店舗は食べたことがあるのですが、
私はたちばなの方がおいしいと思いました。残るあと1店舗もぜひ食べてみたいです。

そして、映画まで時間があいたので、三越をぶらぶらしていて、愛くるしい姿に思わず買ってしまったお菓子。

クルミっ子

クルミっ子2

紅谷のクルミッ子

鎌倉のお菓子なんですねー!
鎌倉へは何度も行きましたが、こんなに愛らしいお菓子が売っているなんて知りませんでした!
キャラメル風味でおいしいー♪

そして、これも初めて見て一目ぼれしてしまったお菓子。

雪たる満5

雪たる満

雪たる満2

雪たる満3

凝った包装❤

雪たる満4

雪たる満6

雪たる満7

岐阜県のお菓子。岐阜でも、可児市や多治見市には良く行きましたが、岐阜市になるとめったに行かないので、
こんなかわいいお菓子があるなんて東京の三越で初めて知りました(笑)

奈良屋本舗の雪たる満・都鳥だそうです。

メレンゲのお菓子で、甘くて軽い食感。マカロンが好きなフランス人にも愛されそうな予感♪

デパ地下のこのいろいろな地方のお土産がバラで買えるコーナーは好きで、たまーに見るのですが、
三越の地下を見たのは初めてでした。
これからは、デパートに行ったら、必ず寄るスポットにしたいと思います。

レモン糖度 たちばなのかりんとう 99
          クルミッ子 87
          雪たる満・都鳥 88

今回のお菓子が掲載されているわけではないですが、いろんな著名人が思い入れのある食べ物を紹介していて楽しい本。
私の情報はここで止まっているのかもなあ。↓
評価:
---
マガジンハウス
---
(2000-08)
コメント:10年以上前に買った本ですが、今でもたまーに、読みたくなります。もしかすると、もう買えないお店が掲載されているのかもしれませんが、見ていて楽しい食べ物がたくさん載っていて、読んでいると元気になるのです!友人にもプレゼントしましたし、推薦して買わせたことも(笑)女の子はみんな満足しています!

亀井堂のどうぶつ焼き

  • 2011.04.15 Friday
  • 18:37
JUGEMテーマ:スイーツ

クリームパンで有名な「亀井堂」に久しぶりに行ってみると、こんな商品が新しく並んでいました。

その名も、「どうぶつ焼き」

この写真のサイズはミニサイズで金曜日土曜日限定の大きさ。240円。

普通サイズは480円です。

動物焼

動物焼2

中にはあんこも何も入っていない、ベビーカステラのようなお味。かみごたえあり。

動物焼4

シュールな雰囲気。なぞなのは、下の段の一番右側。たまごを温めているとかげ???

上野のパンダ焼きも有名ですが、こちらもいかがでしょうー?

レモン糖度 55


ウイスキーボンボン ♪ 乙女の秘薬

  • 2011.02.23 Wednesday
  • 18:40
JUGEMテーマ:スイーツ

ウイスキーボンボン

最近テレビで2回ほど紹介されているのを見た「ムラマツ製菓」さんの「ウイスキーボンボン」。

そういえば、子どもの頃にひと粒だけ食べたことがあったのを思い出し、無性に食べたくなって町屋へでかけました。

おぼろげな記憶をたどると、もしかして10年も生きていないような子どもの頃。

母に、「お酒が入っているからひとつだけね」と言われ、ひと粒だけもらって、口に入れると、あまーい飴(というよりは砂糖のかたまり?)の中から「大人の味」らしい液体が出てきて、少しドキドキしたような記憶があります。

ホームページで地図をプリントアウトして向かうと、近道らしく、住宅街の中を歩きます。
平日のお昼過ぎの住宅街には、みんなどこへ向かうのか、のんびりと歩くご婦人たちを何人か見ました。

下町のアロエはいつも赤い立派な花を咲かせています。アロエの花は、東京に来て初めて見ました。
日向ぼっこをする猫や、なんとなく集まっているように見える猫3匹、気持ち良さそうに伸びをしながら玄関から出てくる猫・・・決して触らせてはくれそうもない猫たちを、見ながら歩いていると駅から10分ほどでムラマツ製菓に着きました。

ムラマツ製菓2

「用のある方はブザーを押してください」とあるので、押そうとしたら、店主が先に開けてくださいました。
とても狭い店内で、ウイスキーボンボンブランデーボンボン日本酒ボンボンを買いました。帰りがけに、生姜のエキスの入ったピンク色のボンボンをふた粒くれました。ほんのり生姜味でおいしい。

買ってきたのがこれ

ウイスキーボンボン

ブランデーボンボン

日本酒ボンボン

ウイスキーボンボンから食べたのですが、まさに、この味!だと思いました。なんておいしいの!
感激してボトルの形をしたブランデーボンボンを食べると、これまたおいしい!!たてつづけに日本酒を食べたら、ビミョー。。

気を取り直して、しばらくたってから日本酒を食べたらおいしかった!食べる順番を気をつけた方がいいのかもしれません。

ピンク、きいろ、グリーン、オレンジ、むらさき色、白・・・このパステルカラーと、セロファンに包まれた姿。そして、大人しか飲めないはずの魅惑の液体が口の中で、あふれだす瞬間。少しの衝撃でも割れてしまう儚さ・・・素朴だけれど、特別な存在?

店主が一人でせっせと作っていらっしゃるらしく、ここでしか買えない(通販は可)というのもまた特別感があるのかも。

夢のあるお菓子。できたらずっと存在していて欲しい。

ウイスキーボンボン2

ブランデーボンボン2

日本酒ボンボン2


ムラマツ製菓

ひと粒口にいれたら、目を閉じて。

レモン糖度 ウイスキーボンボン 85
  
  最寄駅 千代田線町屋駅

ウイスキーボンボンに似合う曲として「ボンボンボンボンボンボンボンボン♪ボンボンボンボンボンボンボンボン♪」と男の人の声の前奏で始まる曲が頭に浮かんだのですが、手元になく(実家かも)思い出せず、ウイスキーボンボンを口に含ませたい女の子として、シャルロット・ゲンズブールに白羽の矢が立ちました☆「小さな泥棒」のサントラをお勧めしたいところでしたが、販売していなかったので、DVDを↓
評価:
クロード・ミレール
ポニーキャニオン
---
(2000-10-18)
コメント:女の子版「大人は判ってくれない」。シャルロットの初々しくもあぶなっかしい魅力にはまります。流れる音楽も印象的。劇中のシャルロットの気持ちはわからなくとも、眼鏡をかけたシャルロットと不倫をする紳士の気持ちはわかります(笑)

茶の輪の焼きドーナツ

  • 2011.02.10 Thursday
  • 21:46
JUGEMテーマ:スイーツ

職場が神楽坂なので、ランチはその周辺で食べることが多い。

最近は「カド」 で日替わり定食(毎日替わるわけではない)か、唐揚げ定食などがお気に入り。

今日は食べ終わった後にちょっと時間があったので、そのあたりを少し散策してみた。

すると、珈琲豆を生豆の状態から焙煎してくれるというお店、その名も「緑の豆 神楽坂焙煎所」というのがあり、店先では数量限定という小さな焼きドーナツの看板が。

珈琲豆はまだ家にたくさんあるので、買わなかったが、ドーナツに目がない私は(ドーナツブームだからではない。大阪にお気に入りの老舗のドーナツが売りの喫茶店があり、もう10年以上前から大阪に行くたびに通っている)「チョコがけ焼きドーナツ」を買い求めた。


焼きドーナツ2

わりとしっかりとした箱に、半分チョコレートコーティングされたプレーンドーナツが5つ。かわいらしい。

実は以前「焼きドーナツ」ってどんなだろう?と思って買ったことがあるのだが、その時はイマイチで、私の中で「焼きドーナツはおいしくない」というイメージがついてしまい、それ以来買っていなかった。

お昼休みにひとつだけほうばると、ドーナツはしっとりときめ細かく、チョコレートはパリッと、しかもチョコレートの味もちゃんとおいしい。(この「ちゃんとおいしい」というのは、時々、チョコレートコーティングを飾りだけのようにつけてあり、チョコレートの質を無視したような代物があるため。このお店はそうではないという意味)

直径5センチの小さなドーナツ(穴はあいていない)、5個箱入りで350円

少し調べてみると、どうも珈琲の焙煎屋さんでこの「茶の輪の焼きドーナツ」を扱っているお店がいくつかあるみたい。珈琲とドーナツってベストマッチですからね!

焼きドーナツ


最寄駅 地下鉄東西線神楽坂

レモン糖度 60

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

レモン糖の本棚

岸田今日子

宮城まり子 ねむの木学園

好き

喫茶店 名古屋 岐阜 愛知 岡崎 純喫茶 東京 レトロ 昭和 マッチ 包装紙 コーヒー 珈琲 コースター

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

Just Another Diamond Day
Just Another Diamond Day (JUGEMレビュー »)
Vashti Bunyan
内省的なのに解放されている。こんなに体の芯に響いて気持ちよくさせてくれる作品はそうない。無人島CD。

recommend

砂の女 特別版 [DVD]
砂の女 特別版 [DVD] (JUGEMレビュー »)

岸田今日子のほかにこの役をやれる女優はいない。武満徹の音楽とともに、映像化に成功した大傑作!

recommend

 (JUGEMレビュー »)

まゆちゃんのかわいさ、今日子さんの愛情。子供がいない人にも、子供好き!という人でなくても子供が主人公の映画は好き!という人にもおすすめ☆

recommend

卍(まんじ) [DVD]
卍(まんじ) [DVD] (JUGEMレビュー »)

コメディ。可笑しすぎる!何度も笑ってしまいました。岸田今日子の美しいこと☆

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM